エアチャイナビジネスクラスBoeing777-300ER座席はフルフラットで快適

エアチャイナビジネスクラスを利用し、ヨーロッパ旅行に行ってきました。

北京〜パリまでの機材はBoeing777-300ERで、座席はフルフラットシート。

11時間の長時間フライトでしたが、しっかり眠れるストレスなしの快適旅でした。

スポンサーリンク

エアチャイナ・ビジネスクラスはフルフラットシートで快適。

フライト情報

  • 機体 Boein777-300ER
  • フライト時間 約11時間
  • 出発地 北京空港
  • 到着地 パリシャルルドゴール空港
  • 出発時間 13時半(現地時刻)
  • 到着時間 17時45分(現地時刻)

今回搭乗したBoeing777は、フルフラットシートなので完全に横になることが出来てかなり快適でした。

エアチャイナ・ビジネスクラスの座席

優先搭乗ですぐに機内に入ることができました。(ビジネスクラスの嬉しい特権。)

隣の席は空席だったので、完全にプライベートな空間です。

モニター画面はこんな感じで映画を見るのには十分な大きさ。

足元はとっても広く私(158センチ)だと目一杯足を伸ばしても届きません。

利用した便は、全体的にかなり空いていてガラーンとしているビジネスクラス。

(帰りの便は逆にほぼ満席状態でしたが。)

なぜか「First Class only」と書かれている布団がビジネスクラスの座席に用意されています。

ってことは、これはファーストクラスと共有ということなのかな?

スリッパとアメニティグッズが用意されています。

アメニティはロクシタンでした。

もちろんこのポーチは持って帰ることができますよ。

中身の内容は

  • ボディローション
  • リップクリーム
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 耳栓
  • アイマスク
  • ウェットティッシュ

飛行機内はとても乾燥するので、リップクリームが大活躍です。

スポンサーリンク


付属のヘッドフォンも、結構しっかりしたいいものでした。

ビジネスクラスのフルフラットが快適すぎた。

フット部分をリクライニングさせて足を伸ばしてみました。

2席1組が3列になっています。

行きも帰りも隣の列中央部分は空席でした。

関空〜北京便の機体とは違いボタンで操作できるこちらの機体は、ボタン一つの操作でフルフラットにできるようになっていました。

まくら部分の写真です。

身長180センチくらいの人までなら足を曲げることなく寝転べるフラットシート。

体格がいい人にとっては横幅が少し窮屈に感じるかもしれませんが、女性なら十分なスペースの座席となっていました。

私の場合、着陸直前にCAさんに起こされてしまうくらいギリギリまで爆睡するほど。

(私普段どこでも寝れるタイプの人間ではないんですよ!!)

ただ、飛行機内はかなり乾燥しているので起きた時には喉がカラカラ。

乾燥に弱い方などは特にマスクなどを持参してつけて寝るのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ エアチャイナのビジネスクラスはかなり快適だった。

約11時間という長時間フライトでしたが、ビジネスクラスのフルフラットになる座席のおかげでしっかりと寝ることができ、全く疲れを持ち越さずパリに着くことができました。

また帰りの便も同様で、「まだ数時間乗れちゃうよ〜」という快適っぷり。

エコノミーでは味わうことのできない「普通に時間が流れる」という体験ができた今回のエアチャイナビジネスクラスの利用。

(エコノミーだと一時間経つのが3時間くらいに感じるくらい苦痛な時があります。笑)

ただ注意しておきたい点が一つ。

機内食を欲張って食べ過ぎないこと!

せっかくの快適なシートでも胃もたれを起こして眠りにつけなくなります。

また行きの便の場合は、目的地に着いてから現地の美味しいものを食べる予定がある方が多いかと思います。

そのためにも、欲張って食べ過ぎないことがおすすめ。(経験者が語ります。笑)

▼エアチャイナの機内食についてはこちらの記事をみてくださいね▼

エアチャイナビジネスクラスの機内食<北京〜パリ>

2018.01.09

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です