<おすすめペールエール>金賞受賞のオーストラリアンペールエール

スポンサーリンク

<金賞受賞>【AUSTRALIAN PALE ALE】を発見。

こんにちは。昨日に引き続き、今日もビールのネタになりますが・・

前回紹介したビール嫌いの私がハマった『ペールエール』

あのフルーティーですっきりとした飲み心地のペールエール

ビール嫌いな私が好きになったきっかけのペールエール。

日本に帰国してからも、ずっと飲みたくて探していたのですが中々見つからず・・

ついにオーストラリアで飲んだあの味を見つけることが出来ました。

しかも、地元のスーパーマーケットで売られていてびっくり。

(酒屋さんに行ってもなかったのに・・)

それがこちら

ど真ん中に、しっかりと『AUSTRALIAN PALE ALE』と書かれています。

小西酒造という会社から販売されているこのビールは、オーストラリア・シドニーの醸造所で作られているペールエールだそう。

グラスに注いでみました〜。

この黄金色!まさに私が帰国してからずっと恋しかったオーストラリアのペールエールです。

グラスに注ぐとフルーティーな香りが漂ってきます。

風味も香りと共にフルーティーですっきりとした飲み心地。

オーストラリアで飲んでいたペールエールの味そのものでした。

 

カマンベールチーズとチョリソーをおつまみに。とっても合う〜。美味しくいただきました。

スペイン産「猪肉のチョリソー」が美味しい!低脂質であっさりとしたチョリソーです。

帰国してからビール嫌いが好きなったので、日本の定番ビールを飲んでみるもののやっぱりあの辛口ビールは苦手な私・・。

このビールが売っていることを知り、しかも家からすぐのスーパーマーケットで買うことが出来て一人で興奮気味です。笑

ちなみに1缶380円ほど。なので日本の定番ビールよりかは少し高め?になりますが、これからもたまにのご褒美に買ってしまいそうです。

日本でもペールエールは製造されています。

もちろん、日本では他にもたくさんのペールエールが売っています。

国内醸造のものもいくつかあるようです。

銀河高原ビール ペールエール

有名なのは「銀河高原ビール」から販売されているペールエール。

こちらのビールは日本の岩手県で作られていて数多くのビール党のファンが支持するブランド。

色味も濃いく、また違った印象を持つペールエールでした。

私には大人な味という感じであんまり好みではなかったです。

箕面ビール PALE ALE

こちらは大阪・箕面で作られているペールエール

スーパーでもよく見かけるこの商品。(関西だからかも・・?)

次はこのペールエールを飲んでみよう。

よなよなの里「よなよなエール」

「よなよなエール」という名のペールエールは長野県の会社から販売されています。

成城石井で買えるそうなので、近くにお店があれば手軽に買えるペールエールの一つ。

また輸入食品を扱うお店や酒屋さん(「やまや」とか)に行くと、

オーストラリアのではないもののたくさんの外国ビールが売られていました。

一度覗いてみるのも楽しいかもしれませんよ。

またインターネットでは色々な種類のペールエールが購入可能です。

お得なセットも売っていました。

だけど、またメルボルンでペールエールが飲みたい!

そんな思いにふけたある日の夜でした。

留学中のお小遣い稼ぎにおすすめ!
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


初心者でも大丈夫。ちょっとしたスキマ時間を使って出来ちゃいます。

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です