「金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん」「忘れられた巨人」etc../9月の読書

私は、毎月4冊以上の読書を目標にしています。(目標達成しない時も多いですが。)そんな私が9月に読んだ本を紹介したいと思います。


「金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん」

<内容紹介>よしもとばなな氏、推薦!! 「自分とお金の関係性がいつのまにかくっきり見えてくる魔法の本です」
お金が紙くずになるXデーに備えよ! 金持ちゾウさんと貧乏ゾウさんが繰りひろげる、笑いと感動のビジネス寓話。
昔、炭鉱で栄えたカネー村。そこに降って湧いた投資話に、村のゾウたちが次々と巻き込まれていく……。謎の投資商品「ヘッジホント」が引き起こすバブルの熱狂。ある日、キリギリシャ国の財政破綻と、子どもの一言がきっかけとなって、カネー村からお金が一瞬にして消えてしまう。ゾウたちのお金は一体どこに消えたのか?
もし、あなたのお金が一瞬にして価値を失っても、生活や経済は止まらない。大切なことは、人やお金、チャンスの豊かな流れに身を置くこと。愛のある人間関係の鍵を見つけること。
「お金と幸せ」がライフワークの著者による、作家デビュー10周年の記念作、待望の文庫化!
『あなたのお金はどこに消えた?』を改題。(Amazonから引用)

図書館でタイトルが面白そうでたまたま手にとった本です。人間の世界をゾウに置き換え、お金の在り方を分かりやすく説明してくれています。ゾウ達が住む平和だったカネー村が嘘の投資話によって姿を変えていってしまいます。お金というものは、人を良くも悪くもできる強いパワーを持っている。自分たちがお金によっていかに振り回されてしまうか、本当のお金の在り方とは、幸せとはお金があることなのか、などについて考えさせられるストーリーが童話のように書かれています。とっても読みやすく、だけど心の奥深くに響く1冊でした。お金というものに囚われ過ぎず、これから自分がどう生きたいのかを考え直すきっかけになる1冊でした。

スポンサーリンク


忘れられた巨人

かなりのベストセラーですよね。私にとっては、カズオイシグロさんの作品は日の名残りに続く2冊目。ファンタジーで書かれているこの本は最初はスルスルと読み進めていたのですが半ばになると読みづらくて少し苦戦。なんとか読了。私のような頭では2回くらい読み直さないとしっかりとこの本の意味するものは理解できないように感じました。最後は「・・?!(´・Д・)」」というような終わり方でしたが、よく頭を使い考えると伝えたいことの意図が少しは感じられた気がします。かなり読み応えがある本でしたが、少し日を空けてもう一度読み直したいと思える1冊です。


住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち

こちらの本、レビューはイマイチなのですが・・ドイツのことを知らない人にとっては「へぇ〜そうなんだ」と思う話が出てきますし、軽く読むにはいいんじゃないんでしょうか。

私も難しい本を読んでいる合間に読んで息抜きといった位置づけでした。ただこの本を読み終えた後でも私はドイツの勝ちだと思ってしまったのはどうして?(´・Д・)」笑

気になる方はぜひ図書館などで借りて読んでみてはいかがですか。


世界の個性派カフェ&レストラン

これは読むというより「見る」本です。世界中の美しいカフェやレストランの写真がぎっしりと詰め込まれた1冊。インテリアの写真を見るのが好きな人にはオススメです。この国に行ったら絶対ここに行きたい!と思うお店がたくさん載っていました。いつか実際に訪れる時を夢見ながら、妄想に浸るのも悪くありませんよ。笑


参考になりましたら1クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です