カルディ|タラーリにココアが加わったチョコラーリ。

最近、カルディで買うものがどれも美味しくて困っています(笑)

ノンフライでヘルシーなひよこ豆チップス、お酒のおつまみにぴったりなパパダムチップス。

そして今回は、前回食べた南イタリアのクラッカー「タラッリ」のチョコレート版ことチョコラーリ。

これがめちゃめちゃ美味しかったので紹介します。

スポンサーリンク

チョコラーリ|カルディおすすめクッキー

これは、クッキーというべきなのか?それともクラッカーというべきなのか悩んでいると商品説明にビスケットと書いてありました!笑

どうであれ、美味しいことには間違いないカルディのおすすめ商品チョコラーリです。

名前の由来は、南イタリア発祥の伝統的なクラッカーであるタラーリから。

タラーリは、輪っか状の形が特徴のシンプルな原料から作られるクラッカー

イタリアでは、ワインと一緒によく食べられているクラッカーです。

そのタラーリに、カカオを練り込んだのがこのチョコラーリというわけ。

チョコラーリは甘さ控えめで美味しいビスケット。

前回紹介したタラーリと形は一緒で輪っか状。

甘さ控えめで食感がサクッとした美味しいビスケットです。

イタリアといえば、朝食は甘いものに限る!というお国柄。

(参考記事:イタリアの朝食はビスケット?甘い物が定番のイタリア人。

なので、これもがっつり甘さがあるのかなと思いきや、かなり甘さ控えめに仕上がっています。

(これなら私も朝から食べれちゃう。)

チョコラーリの特徴は、何と言っても食感。

クラッカー特有の、サクサクしすぎず、しっとりもしていない、ちょっと口の水分を持っていかれるような感じ(笑)

スコーンとか、プレーンクラッカーが好きな人は絶対好きだと思います。

チョコレートクッキーやビスケットとはちょっと違う、ありそうでない食感のお菓子。

ミルクやカフェラテとの相性が良さそう。

甘さ控えめなチョコラーリは、牛乳やカフェラテとの相性が良さそう。

3時のおやつに少し甘いものを食べたい時にはもちろん、朝に糖分を補給したい時にはぴったりです。

チョコラーリの原材料・カロリーは?

原材料は、

  • 小麦粉
  • 砂糖
  • ひまわり油
  • 白ワイン
  • ココアパウダー
  • オリーブオイル
  • ベーキングパウダー

市販のチョコクッキーはショートニングや香料、乳化剤とか色々入っているものが多いので、それに比べるとシンプルです。

カロリーは、1袋80gあたり363kcal。炭水化物量は、53.6g。

一気に1袋食べてしまわず2、3回に分けて食べるのがちょうどいい量ですね。

チョコラーリはカルディのおすすめビスケット

たまたまレジ横で見つけたチョコラーリ。

試しにと1つしか買わなかったけど、2、3個買っておけば良かったなと思うくらい美味しくて気に入りました。

パクッと食べやすい一口サイズなので、外出先やオフィスで小腹が空いた時にも便利です。

またチョコラーリだけでなくコーヒー味のカフェラーリも売っていました!

まだ売っていたらぜひ試してみたいと思います。

カルディで甘さ控えめな美味しいビスケットやクッキーを探している人には、チョコラーリおすすめです。

ワインのおつまみには定番塩味のタラーリを。

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です