フィレンツェおすすめバールでティラミスと朝食

A子
フィレンツェに来たけど、バールがたくさんありすぎてどこに行けばいいか分からない。

そんなときに、とりあえずここに行けば間違いなしという老舗バールを紹介します。

ここのティラミスとコルネット(イタリアの朝の定番)は、絶品。

さらに、お店の方も親切でイタリア語が出来なくても温かく出迎えてくれました。

ドォーモ広場の目の前と、アクセスも抜群。

休憩がてらにはもちろん、朝食を食べに行くのにもおすすめなフィレンツェのバールを紹介します。

スポンサーリンク

フィレンツェのおすすめバール「SCUDIERI」

イタリア旅行で外せないのが、バール巡り。

フィレンツェに来たらぜひ訪れてほしい「SCUDIERI」という1939年創業と歴史ある老舗バールへ行ってきました。

▼夜でも賑わっているフィレンツェの人気老舗バールです▼

フィレンツェ人気バール「SCUDIERI」の場所は?

ドォーモ広場・サンタマリア・デル・フィオーレのすぐ近くにある「SCUDIERI/スクーディリ」

朝7時から夜11時まで通し営業しているので、とても便利。

朝食、休憩、アペリティーボ、食後のデザート、どんなシーンにもおすすめです。

イタリア人のバール文化
イタリア人の生活の一部とも言えるバールは、早朝から夜遅くまで営業しています。

朝にカプチーノを飲みに行き、昼に甘いものを、夜には夕食前のアペリティーボに立ち寄るなど同じお店に1日3回立ち寄るのも珍しくありません。

またイタリア人は皆1つは自分のお気に入りのバールがあり、そこで常連客同士との会話も楽しみます。

ただ飲み物を飲むためだけでなく、コミュニケーションをとる場所としての役目もあるのがイタリアのバール。

イタリアでは、18時ごろからアペリティーボという文化があり、これは、夕食前の一杯で飲み物を頼むと一緒におつまみが付いてくるサービス。

ほとんどのバールで利用することができ、おつまみの内容は様々。

食べ放題のバールや、ちょっとこだわりがあるバールまで色々あります。

ぜひイタリアに来たらアペリティーボも体験してみてくださいね。

(ただし量が多めなので、夕食が食べれなくならないように注意です。)

スポンサーリンク

フィレンツェのバールで朝食を。

SCUDIERI/スクーディリでぜひ食べてほしいのが、地元の人にも大人気のコルネットです。

コルネットは、イタリア版クロワッサンで朝食によく食べられる定番のパン。

ここのコルネット、本当に美味しくておすすめです。絶対食べてほしい!!

ふっわふわなのに、少し弾力がある生地で甘さもちょうどよく朝食にぴったり。

私はプレーンを食べましたが、中にヌテラが入っているのがイタリア人からは人気のよう。

エスプレッソとコルネットで、イタリア式朝食の完成です。

注文の仕方に注意
食べ物はショーケースからほしいものを注文。

そのあと、店の角にあるレジに行き、ドリンクと食べ物のお金を払います。

そのレシートをもって、カウンターに行きドリンクをもらうというシステムです。

絶品ティラミスでひと休憩

もう一つおすすめなのが、イタリアの定番スイーツ「ティラミス」です。

一番下のパイ生地は、さっくさくで塩味がしっかりめ。上のスポンジ・クリーム部分の甘さとバランスが絶妙です。

甘さもちょうどよくて、サイズも日本のケーキと変わりません。

観光で疲れた体を癒すのにぴったりな絶品ティラミスです。

このショーケース、宝箱です!!笑

店内のショーケースには、たくさんのスイーツやデニッシュなどが並んでいます。

フィレンツェのバールで気さくなバールマンと会話してみよう

こちらのバールは美味しいだけでなく、働いている人も素敵なんです。

写真を撮っていると、「ぼくも撮っていいよ〜」と話しかけてくれました。

イタリア人の明るくて陽気な感じが、「あ〜やっぱりイタリア最高」と感じさせます。

二人だけでのショットもいただきました。

比較的お店も忙しくない朝だったので、色々とお話をさせてもらいました。

左の方は英語も話されるので、イタリア語は話せないけど、英語なら・・という方はバールでの会話を楽しんでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

フィレンツェのバールならSCUDIERIがおすすめです。

とにかくフィレンツェのSCUDIERIは、お店の雰囲気・味・人すべてが最高のバールでした。

滞在中、4〜5回は行きました。(3日間で・・)

大聖堂のすぐ目の前にあり、アクセスも抜群。

朝〜夜まで営業しているので、行きやすく食べ物も美味しい本当におすすめのバールです。

気さくな店員さんが、一杯ずつ入れてくれるコーヒーマシンの手さばきを見ながら美味しいコルネットとエスプレッソはいかがですか?

テーブルと椅子の席もありますが、ぜひイタリア式にカウンターでどうぞ。

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です