フィレンツェ中央市場に来たらランプレドットを食べてほしい。

フィレンツェの中央市場は、まるで食の宝石箱。

生ハムはもちろん、パスタやトリュフ、肉、魚など美味しい食べ物が詰まっています。

お土産にもぴったりなオリーブオイルやワインなども買える何でも揃う市場になっています。

そんなフィレンツェ中央市場でぜひ食べてほしいのが、名物ランプレドットです。

牛のモツ煮込みがたっぷりパンに挟まれた絶品パニーニは、見た目とは違うあっさり味で美味しい!

スポンサーリンク

フィレンツェ中央市場の名物ランプレドットを食べました。

フィレンツェ中央市場で大人気グルメが、1階にあるNERBONE(ネルボーネ)というお店です。

こちらの名物が写真の、ランプレドットのパニーニです。

ランプレドットとは?
牛モツがたっぷりの野菜で煮込まれたフィレンツェの名物料理の1つです。

似たようなトリッパ(内蔵のトマト煮込み)よりも、さらにあっさりとしていて食べやすいモツ煮込みです。

牛モツをパンで食べるなんて少し日本人からすると、意外な組み合わせですよね。

でもこのネルボーネのランプレドットは、臭みは全くなく朝から食べれちゃうくらいあっさりした美味しいパニーニです。

フィレンツェ中央市場は朝から大賑わいです。

お店は、中央市場の1階にあるので間違えて二階のフードコートに行かないように注意です。

早朝に訪れましたが、地元の人と観光客でかなり賑わっています。

この緑の看板を目印にしてくださいね。

 

ランプレドットを買うときは、レジで先に注文と会計を済ましてから、出来上がるのを待ちます。

スポンサーリンク

早朝は混んでいないという情報でしたが、訪れた日は20分ほど並びました。

フィレンツェ名物ランプレドットはあっさり味で朝から食べれる。

テイクアウトで注文したので、ホテルに戻って朝食に食べました。

シンプルなパンの間にはたっぷりのランプレドットが挟まれています。

見た目はあまり良いとはいえませんが、味はもう絶品です。

野菜と一緒にじっくり煮込まれたモツは、新鮮で臭みもなくあっさりと優しい味。

上にかけられたパセリと辛いサルサソースが、味のアクセントになって本当に美味しい。

挟むパンまで美味しくて、人気の理由が納得です。

これなら、朝から余裕で食べられちゃうあっさりさです。

いや〜本当に美味しくて大感激です。

ネルボーネは、肉の煮込みも美味しくておすすめです。

ランプレドットのパニーニがあまりにも美味しすぎたので翌日もう一度訪問しました。

せっかくなのでもう一つの人気メニュー「ビアット・ディ・ボッリート(肉の煮込み)」をいただきました。

こちらは、モツではなく肉の煮込みでソースは、ランプレドットと同じ2種類がついてきます。

値段は、6ユーロ。たっぷり入っているので2人でシェアで丁度いいかもしれません。

ランプレドットと同様、こちらの肉煮込みも絶品です。

見た目は結構こってりしているようにも見えますが、こちらもあっさりとしています。

赤ワインが進みそうな味です。(ネルボーネはワインも売っているのでぜひ一緒にどうぞ。)

フィレンツェ中央市場ネルボーネはイートインスペースもあります。

お店の向かいにはテーブルと椅子もあるので、その場で出来立てのランプレドットにかぶりつけます。

お昼には、ラザニアやパスタなど他のメニューもあるのでランチに利用するのもおすすめです。

注意
お昼(11時ころ)は、観光客も多く訪れる時間帯なので、かなり混み合い行列ができることもあります。

なので、席の確保も結構難しいかもしれません。

まとめ フィレンツェ中央市場に来たら必食グルメです。

NERBONE(ネルボーネ)の、ランプレドットはフィレンツェに来たら必ず食べてほしいおすすめグルメ。

ランプレドットだけでなく、肉の煮込みも絶品なのでシェアするなどしてどちらも食べてほしいです。

朝7時から14時までの営業なので早めに行くのがおすすめです。

朝からでも余裕で食べれるあっさりしたモツ煮込みランプレドットは、フィレンツェ観光を始める前の朝食にぴったりです。

ぜひ、フィレンツェ中央市場に行ったときには食べてみてくださいね。

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です