【オーストラリアのジャンクフード】トップ10<前編>

オーストラリア・メルボルン留学経験者の私が紹介するオーストラリアのジャンクフード。

ジャンクフード?そんなの食べたくない!って人も多いかもしれませんが、中には美味しいジャンクフードも。

毎日食べるのはちょっと問題ですが、一度は食べてみてほしい「オーストラリアのジャンクフード」です。

スポンサーリンク

オーストラリアのジャンクフードって?

こんにちは、メルボルン大好きなAKKOです。

今日は「オーストラリアのジャンクフード」について紹介したいと思います。

というのも、オーストラリアのgood foodというサイトで【オーストラリアのジャンクフードTOP10】という記事を発見したんです。

(元リンクはこちら

最近ではベジタリアンやヴィーガンに転向するヘルシー志向な人が多いオーストラリア。

ベジタリアン専門レストランや、スーパーでも手軽にグルテンフリーやベジタリアンやグルテンフリーの食材が売られています。

ヘルシーな食生活を送るフードブロガーも多いオーストラリア。

彼らのSNSから発信される食事の写真などを見てみると、アボカドをのせたトーストやスナックにはケールチップなど、どれも体に良さそうなヘルシフードがたくさん。

だけどオーストラリアにはもちろんその反対を行くジャンクフードもたくさんありますよ!

<関連記事>

オーストラリアは世界6位の肥満大国!ポテトフライが原因じゃない?

それでは、「オーストラリアのジャンクフード」とは何なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

⒈バニラスライス

バニラスライスは、オーストラリアの定番デザート。

メルボルンの多くのカフェには、このバニラスライスがショーケースに並べられているので旅行中の休憩に甘いもの補給としておすすめです。

▼バニラスライスが人気のお店に行ってきました▼

【メルボルン郊外ソレント】日帰りおすすめ観光スポットです。

2017.08.04
バニラスライスとは?
たっぷりのカスタードクリームやバニラクリームが、サックサクのパイ生地にサンドされたもの。

がつんとくる甘さが、疲れた体を癒してくれます。

▼私が食べたバニラスライス▼

写真で見るよりも、実際はかなり大きめなので、二人で一つがちょうどいい感じ。

(周りのローカルの人たちは1人1つが当たり前のようですが・・)

甘〜いバニラクリームはかなり濃厚、挟んでいるパイ生地はサックサク。

その上に大量の粉糖がかかっています。

最初は美味しい、ぺろりと食べれちゃう!と思いましたが食べ終わるころにはかなりの胸焼け。

やっぱりこれは、1人1つはちょっとキツイ。

⒉Galden Gaytime

オーストラリアで人気の定番アイスクリームです。

Streetという会社が1959年に発売した商品で、発売当初は名前についているGoldenのように売れ筋商品ではなかったそう。

ヒットを狙うために色々なフレーバーを発売していく中、1970年に今もメジャー商品として売れ筋のこの「Golden Gaytime」が生まれたそうです。

「Golden Gaytime」はバニラアイスクリームがクランチーなビスケットとチョコレートでコーティングされたフレーバー。

暑い夏にビーチで食べるのにぴったりなアイスクリームとしてオージー達に愛されています。

ちなみにカロリーは1本あたり239カロリー。

思っていたよりジャンクではない・・?

(日本のジャイアントコーンくらいですね(´・Д・)」)

⒊ Sausage Sizzle

バーベキューが大好きなオーストラリア人にとっては、これがないと始まらない!というくらい定番の食べ物です。

オーストラリアでバーベキューをすると必ず用意されているのがこのSausage Sizzleです。

ソーセージを大胆にも食パン一枚で挟み、ケチャップ・マスタードをかけて食べます

大きいお庭があるお家では、週末は家族や友達を呼んでバーベキューなんて家庭も珍しくありません。

クリスマスもバーベキューしちゃいます!

もちろんバーベキューコンロは各家庭に1つはあるのが一般的で、私もホームステイをしている間、何度もバーベキューが開催されて楽しみました。

そんなバーベキューに欠かせないのがSausage Sizzleなんです。

オーストラリア版ホットドックといった感じです。

私たちがイメージするホットドックは、こんな感じで細長いパンにソーセージを挟むスタイル。

 

ですが、オージーたちには、食パンで挟むスタイルの方が主流のようです。

またこのSausage Sizzleには、こんなポイントが!

  • ソーセージは安物のビーフから作られたものであるべき
  • 挟むパンはホワイトブレッドであるべき(全粒粉や穀物が入ったものではNGだという意味)
  • また悪魔でも食パンで挟むのであり巻いて食べることはご法度。
  • つけるトッピングはトマトソースと少しのオニオン。

だそうですよ。

あえて安物のソーセージを使うところが、美味しさの秘密でもありジャンクフードでもあるそうです。

▼実際に食べてみました▼

大量のソーセージとパンがしっかりとセッティングされいる!笑

味は確かにジャンクだけど美味しい。ただ一つ食べればもうそれ以上は食べれないボリュームでした。

(オージーは軽く2つ食べちゃいますけどね。笑)

⒋SHAPES

これはAronott’sという大手菓子メーカーが販売するオーストラリアの定番スナック菓子。

私もメルボルンで留学時代、よく食べていたスナック菓子です。

子供から大人までみんな大好きなスナックです。

定番のバーベキュー味は不動の人気ナンバーワン。他にも10種類ほどのフレーバーを展開。

さらに薄いクリスピータイプもあったりとバラエティ豊かです。

私のお気に入りはクリスピータイプのsweet chili &sour creamにフレーバー。

 

スーパーで手軽に買えるので、オーストラリア土産にもぴったり。

▼日本でも買えます▼

オーストラリアのツナ缶もお土産におすすめですよ。)

スポンサーリンク

⒌オージーミートパイ

オーストラリアの代表的食べ物の一つがこの「ミートパイ」

メルボルンの代表的な食べ物はチキンパルマです。)

牛ひき肉とグレービーソースからできたミートパイに、ケチャップをつけて食べます。

日本にも上陸した「Pie Face」はオーストラリアの有名ミートパイのお店。

メルボルンでもたくさんの店舗があり、小腹が減ったときやスナックにたくさんのオージーが立ち寄ります。

少し長くなるので「オーストラリアのジャンクフード」<後半>に分けて残りを紹介したいと思います。

以上がオーストラリアのジャンクフードTOP10の前半でした。

▼オーストラリア・メルボルン情報は他にもたくさん掲載中▼
▼ほかにも世界の食べ物レポしてます▼

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です