【中国料理Kirin(麒麟)・深江】ホンコンやきそばが名物のお店。

ランチタイムは行列が出来る人気の広東料理のお店、中国料理Kirinに行ってきました。

名物ホンコンやきそばは、今まで食べたことのない食感・味。

お好み焼き屋さんで食べるやつとは、また別の新しい焼きそばでした。

スポンサーリンク

中国料理Kirinで広東料理ディナー@深江

神戸市東灘区にある広東料理のお店、Kirin(麒麟)に初訪問です。

最寄り駅は、阪神深江またはJR甲南山手駅から徒歩10分程度。

住宅街の中にぽつんとあるお店にも関わらず、ランチタイムはいつも満席状態、ディナーも予約で埋まってしまう人気のお店です。

土曜日の17時半に予約をして訪問。(週末は2部制のようで17時半または19時半。)

お店の外観は、普通の一軒家で中の様子は見えず入るまではちょっとドキドキ。

時間ちょうどくらいにお店がオープン。カウンター席とテーブル2卓と、こじんまりしています。

※車でお越しの際は、駐車場はないため、近くのコインパーキングを利用します。

中国料理kirinのおすすめメニュー

写真がないので、どんなお料理かは文字だけで判断。定番メニューもすべて写真なしでした。

中国料理Kirinで食べたお料理たち・・

付き出しは、しじみ。かなりお酒の効いた味付けでお酒に合います。

まずは前菜に「中華風鯛の造り」をいただきました。

鯛、大根の千切り、パクチー、ピーナッツ、コーンフレークをしっかり和えていただく一品。

写真はすでに、お店の人によって混ぜた後。量はボリュームがあり、前菜としては十分。

パクチーの主張が結構しっかりしていて、好きな人はかなり好きな味。

ちょっとクセのある味なので、万人受ではないかも。(私は好きなタイプでした。)

水餃子1人前。薄い皮に餡がたっぷり詰まった水餃子。

野菜は少なめ肉の割合多めのみっちりタイプ。

スポンサーリンク

続いてエビマヨ。中華料理に行くと、必ず海老の料理が食べたい私。

こってりとしたマヨネーズがたっぷり絡んだ一品で、結構ずっしり。

マヨネーズ好きにはたまらない一品だと思います。

油淋鶏。カリッと揚げられた衣は薄め、中はジューシーで柔らかく見た目通りの味。

美味しいのは、美味しいけど特別な感動とかは無い感じ。

最後の〆として、お店名物のホンコンやきそば。2人前は軽くあるボリュームです。

このホンコンやきそば、かなり独特。まず麺は細めでゴムのような食感。具材はもやし、にら、細切り肉が少し。

味付けは薄めのオイスターソース味。水分はしっかりと飛ばされていて、見た目以上に結構オイリー。

この『独特な麺の食感とシンプルな味付けが、一度食べると病みつきになる焼きそば!

らしいのですが、私の口にはあまり合わずでした。

総合的な評価としては、”美味しいんだけど感動的な美味しさがない”ってところ。

(※あくまでも個人の感想としてとらえてください)

オペレーションが気になる・・

1つ気になったのが、料理の提供にかなり時間がかかるところ。

週末は2部制のため、必然的に19:30までには出ないといけません。

にも関わらず、料理が出てくるのがすごく遅い。

満席状態で20人くらいのお客さんに対し、ホール2人・キッチン1人。

最初のお料理、鯛の造りが出てくるまで20分以上、水餃子はさらに10分後、そのあともテンポよく提供されることはありませんでした。

次の予約の時間がわかっているだけに追加注文もしにくく、お酒を飲まない人にとっては、かなり手持ち無沙汰に感じる待ち時間になりそうな感じでした。

 

今回はちょっと辛口レビューになりましたが、人気なのは確かで多くのファンがいる街の中華料理屋さんです。

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です