ミュンヘン中央駅近くのレストランで女1人ディナー。

ドイツ・ミュンヘン中央駅すぐにあるおすすめレストランの紹介です。

本場ドイツの料理が味わえる、雰囲気・サービスも文句無しのレストランで夕食を食べました。

女性1人でも入りやすいお店なので、1人旅の食事にもおすすめです。

広いレストランなので、もちろん家族や友達・恋人との食事にも使えますよ。

今日は、実際に行って食べた美味しいドイツ料理を紹介していきます。

スポンサーリンク

ミュンヘン中央駅の近くで夕食ならここがおすすめ

今回紹介するレストランは、「Wirtshaus Rechthaler Hof /レヒトハラー・ホフ」です。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)での評価も高く、地元ミュンヘンっ子にも人気です。

▶︎トリップアドバイザーでの口コミはこちらから

こちらのレストランでは、ドイツの郷土料理である「ソーセージ」や「豚肉料理」「ザワークラウト」が本格的な味で楽しめます。

せっかくドイツに来たんだから、本場の味を楽しみたい!

という人にはぴったりです。

値段もリーズナブルで、ボリュームもありミュンヘン中央駅周辺でレストランを探している人にはぜひ行って欲しいレストランです。

店内は、ログハウスのような作りで暖かみがあり、席数も多いので1人から大人数まで対応できる使い勝手のいいレストランです。

レヒトハラー・ホフは何と言ってもアクセス抜群です。

ミュンヘン中央駅から本当にすぐ、徒歩5分もかからない場所にあります。

ミュンヘン中央駅すぐでドイツ料理を味わう。

絶品のローストポークを食べました。

ドイツ料理って、お肉メインでボリュームがすごいイメージ。

ここで困るのが1人で食事を取るときです。

でも、ここレヒトハラー・ホフなら大丈夫です。ちょうどいい量のワンプレートのお料理も充実していましたよ。

今回私が頼んだのは、ドイツ風のローストポークです。

英語表記のメニューは、

Roast pork with crispy crackling in Ayinger dark beer sauce with 2 dumplings and bacon and cabbage salad.

値段は、11.90ユーロです。飲み物は、白ワインをお願いしました。

メインのプレートはローストポーク、上にはカリカリに焼かれた皮が乗っています。

付け添えの丸いもの2つは、メニューの表記にあったdumplingだと思われます。

お肉は大きくカットされたものがふた切れドカーンとのっていてすごいボリュームです。

これに別皿でドイツの伝統発酵食でもある「ザワークラウト」がついてきます。

日本のレストランなら軽く2人前はありそうな量のたっぷりサイズのザワークラウトでした。

ビネガーのまろやかな酸味の味付けがとても美味しくて、最初は多いと思いましたがぺろりと食べれてしまいました。

メインのローストポークは絶品です。

脂っこくなくあっさりしているローストポークは、とっても柔らかくてナイフもスッと通ります。

上に乗っているクリスピーなポークスキン(豚の皮)もちょうどいい塩加減で美味しい!

これだけでビールのおつまみになっちゃいます。

量は結構多いのですが、脂身が少なくあっさりとしているので、あっという間になくなりました。

隣にある丸いポテトのボールは、初めて食べる味でした。

小麦粉を加えて練られたじゃが芋もちのようです。手前の黄色っぽいのはチーズが入っていました。

奥のものはなんだかスパイスやハーブの風味。これはちょっと好き嫌いが分かれそうな感じです。

私の場合は、最初の一口目を食べた時は「あんまり好きじゃないな〜」と思ったのですが、二口目、もう一口と進めていくにつれて「あれ?美味しい。」と感じ始めました。笑

メインのローストポーク、付け添えのポテトボール、別皿のザワークラウト、すべて美味しくて大満足なディナーとなりました。

補足
今回食べたメニューは、男性やよく食べる方にはちょうどいい量のメインディッシュだと思います。

女性にはすこし多く感じるかも?

スポンサーリンク

女性一人でも入りやすい!ドイツ料理レストランです。

1人で海外旅行で困ることの1つが、外食ですよね。

入りにく雰囲気のお店だったり、1人で食べるには量が多すぎたりするところが多い海外。

そんな中、こちらのレストランは女性1人でも入りやすいレストランでした。

ミュンヘン中央駅からもすぐなので、治安も安心です。

 

平日の18時頃に予約なしで行きましたが、待ち時間なしでした。

が、すでにすでに地元の団体のお客さんが何組か食事をされていて賑わっていました。

さらに、19時を過ぎるとどんどんお客さんが増えていき、かなりの人気っぷりも伺えます。

私のように、女性1人客もおられましたよ。

レヒトハラー・ホフは英語メニューがあります(これ助かる!)

ドイツに来て困ったことの一つが、『ドイツ語表記が全く理解できない』ということ。

英語だと旅行や日常会話程度なら問題ない私なのですが、同じアルファベットと言えどもドイツ語の単語はチンプンカンプンです。

レストランやカフェに行っても、何が何だか分からないという事がこの旅行中何度もありました。

が、こちらのお店は大丈夫です。通常メニューとは別に英語表記メニューもありました

「英語も全然できないよ〜」という方でも、日本でもカタカナ言葉で使われている見慣れた単語もたくさん並んでいるので(「beef」や「pork」など)知っている単語がすこしでもある方がお料理のイメージが湧きやすいはず。

※少なくともドイツ語メニューよりかは理解できるはず。

席に着くと店員さんから「English?German?」と聞かれるので「Englishメニュー」を貰います。

英語のメニューのおかげで、予期せぬものが来ることもなく、食べたいものをイメージしながらメニューに悩むことができました。

他にも美味しそうなメニューがたくさん

今回は一人だったので、メインディッシュからの1種類しか食べれませんでしたがメニューや【TripAdvisor】の口コミを見ていると他にお美味しそうなお料理がたくさんありました。

いろいろ食べてみたい方は、数人でシェアするのがおすすめです。

Janice Chua-Huangさん(@janice2282)がシェアした投稿

ミュンヘン名物「プレッツエル」もありますよ。

シュニッツェルも美味しそうです。

Thomas gozaliさん(@thomaswu.tg)がシェアした投稿

ボリューム満点骨つき肉もドイツ料理の定番ですよね。

まとめ:ミュンヘン中央駅でドイツ料理を食べるならココ!

今回紹介したWirtshaus Rechthaber Hofは、ミュンヘン中央駅すぐにあり、お肉好きならたまらない美味しいドイツ料理が食べられるおすすめレストランです。

今日紹介したレストランの特徴をまとめてみると・・

  • 女性一人でも入りやすい
  • グループ・団体客にも対応できる広さ
  • バーコーナーがあるので飲み物だけでも大丈夫
  • 英語メニューがある
  • 接客・サービスも親切
  • リーズナブルな値段設定
  • すっごく美味しいドイツ料理が食べられる

といった感じです。

ぜひ、ミュンヘン中央駅近くのレストランで美味しい料理を味わうならおすすめです。

補足
こちらのレストランは10:30〜24:00までの通し営業。

ブランチ、ランチ、ディナーといつでも利用しやすいのも嬉しいですね。

ぜひミュンヘンに来た時には、美味しいドイツ料理を味わってくださいね。

レストラン公式サイトはこちら

ミュンヘンのレストラン・ホテルを探す時には、TripAdvisor (トリップアドバイザー)で口コミを読んでから決めました。


海外旅行のホテルはブッキングコムで予約しました。(前日までキャンセル無料ホテルや特別割引が多いです!
【Booking.com】世界のホテル割引予約



sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です