「よく食べても太らないね」と言われる私がしている習慣。

「本当によく食べるね」としょっちゅう言われる、私。

そんな大食漢な私は、ステーキ200gくらいなら余裕で完食しちゃいます。

それでもずっと158センチで45キロをキープしています。

「なんでそんなに食べても太らないの?」と聞かれたので、自分の生活習慣を振り返ってみることに。

すると自然としている太らない習慣があったことに気づきました。

スポンサーリンク

よく食べるのに私が太らない秘訣

こんにちは、健康・美容オタクなAKKOです。

記事冒頭でも書いた通り、わたし女性のわりに「結構食べるタイプ」なんです。

嫌いな食べ物っていうのがほとんどなくて(強いて言えばお米が好きじゃないけど)、どんなジャンルの料理でも誘われたら飛んでいきます。笑

『おいしいものを食べるために健康でいたい!』って思うくらい食べ物への執着もかなり強め。

そんな私ですが、特別な運動をすることもなく、158センチ45キロをキープ。

(たまに2キロ前後の増量はありますが、すぐに戻る。)

ということで、よく食べてるのに太らない理由は何かを考えてみました。

⒈スナック菓子や加工食品を食べない。

よく食べても太らない一番の理由は、根本的な食生活が大きく関係していると思います。

基本、体に悪いもしくは悪そうなものは食べません。

小さい頃から、ポテトチップスなどのスナック菓子はあまり食べないタイプ。

甘いものも、好きですが食べるのはダークチョコレートや月に1〜2回のケーキくらい。

スーパーとかで売っている砂糖まみれのお菓子は普段あまり食べません。

またカップ麺や冷凍食品などの加工食品や、マクドナルドなどのファストフードはほとんど食べることがありません。

これらの食品に関してはどうも「体に悪い味」に感じてしまって食べたいって思わないんです。

カップ麺食べるなら、自分で作ったパスタの方がいい!って思ってパスタ作ります。笑

もちろん、たまにポテトチップスを食べたりすることもありますが年に数えるほど。

お腹が減った時も、お菓子をつまむ事よりもチーズやナッツなどを食べる事が多いです。

⒉すきま時間にストレッチやスクワット

運動が大嫌いなんです、わたし。

なので、ジムに行ったり毎朝ランニングしたりなんて全くもってしていません。

さらに1日に歩く量も、普通の人に比べてかなり少なめ。車人間です。笑

(一日の歩く量っていえば平均5000歩以下です。)

なので、よく食べる分運動しているって訳ではないんですね。

そんな私が毎日欠かさずしている運動(と言えるのか微妙だけど。)は、ストレッチとスクワット

  • とりあえず朝起きたらストレッチ
  • 歯磨きしながらスクワット
  • お風呂上りにストレッチ

これに、気が向いた時にさらにスクワットをプラスするくらい。

「1日100回」とか「毎日◯◯する!」とかルールを決めるのが苦手なので(決めても続かない)、すきま時間に気がついたらする感じです。

それでも、全く何もしないゼロよりかは良いですよね。

本当に日によりバラバラですが、平均してみると1日に行うスクワットは合計20〜50回くらい。

個人的に、特別な運動をしなくても

  • 毎日ストレッチでしっかりと体伸ばすこと
  • スクワット

この2つだけできれいな体のラインを維持することが出来ています。(ウエストは58センチ位。)

⒊食べない時間を作る

これも太らないための重要なこと!

よく食べる私でも、一日中ず〜っと食べていることはありません。

最低でも1日に食べない時間を12〜14時間はとるようにしています。

その理由は、消化促進としっかりと胃腸を休ませること。

一日中だらだら食べ続けていると、胃腸が休まることなく吸収・消化・排出のために動き続けないといけないですよね。

そうすると、胃もたれしやすくなったり、それこそ太りやすい原因にも。

私の場合、普段は夕食を19時頃に食べるので、翌日は朝8〜10時の間に朝ごはんを食べます。

また夕食が遅く21時まで食事をしていた時は、翌日はお昼過ぎまで何も食べないことも。

これも、絶対的なルールではないので夜遅くに食べた翌朝でも、お腹が減っていたら12時間たっていなくても食べることもあります。

ただ私の場合、遅くまで食べていた翌日は自然とお昼頃になるまでお腹が減らず食べる気がしないんですよね。

※これも大事!本当にお腹が減るまでは食べない。(次に詳しく書いています。)

⒋お腹が減るまで食べない。

いくら12時がランチタイムだからって、その時にお腹が減っていなければ食べません。

「12時だからお昼ご飯を食べなきゃ」っていうルールは私にはありません。

お腹が減っていたらもちろん食べるけど、減っていなかったらその時は食べない。

(14時とか中途半端な時間にお腹減ったりするんだけどね。)

とにかく「時間がきたから食べる」のではなく「お腹が減ったと感じたらその時に食べたいものを食べる」ようにしています。

なので、「1日3食が一番健康的」とは思っていません。

私の場合、朝昼兼用と夜の基本的に1日2食なライフスタイル。

合間にちょこちょことナッツとかをつまんだりします。

⒌ストレスを溜めない

「パスタは太るからダメ」「ダイエット中だからスイーツ禁止」とか、自分にたくさん制限を設けてしまうと、すごくストレス溜まりませんか?

私も今だからこそ、好きなものを美味しく食べて健康的なライフスタイルを送っていますが、過去には厳しいダイエットをしていました。

その時は、自分にルールを作りすぎて「あれもこれもダメ」という制限に縛られまくりな生活。

もちろん厳しい食事制限によって体重は減ったものの、ストレスと間違ったダイエットが原因で体がボロボロになりました。(過去のダイエット失敗談についてはまた詳しく書きたいと思います。)

そんな辛い過去に戻らないためにも今は「ストレスフリー」がモットー。

食べたいものは我慢しない(もちろん節度はあるけどね。)、あれもこれもダメとルールを作らない。

このようにして、ストレスを溜め込み過ぎないようにする事は、太らない秘訣だけじゃなく健康的な毎日を送るためにも大切です。

⒍炭水化物まみれの食事をしない

もともとの食の好みも影響していると思うんですが、私はおかず好きなんです。

なので、肉や魚などのメインとなる料理が好き。牛丼よりステーキ、寿司より刺身!

 

また、ランチの定食などによくあるW炭水化物メニューを食べることもありません。

(例)

  • うどん+親子丼
  • そば+天丼
  • ラーメン+炒飯
  • お好み焼き+ライス(←これは関西だけ?笑)

 

これらのメニューは絶対食べないし、食べれない。

(といっても、パンは好きなので毎日食べてます。)

私の場合は、炭水化物(特にお米)をがっつり食べると調子が悪くなるのも炭水化物まみれの食事をしない理由の一つ。

自然と避けている炭水化物過多な食事が、よく食べても太らない秘訣の一つなのかもしれません。

⒎食べ過ぎたらすぐに調節する

わたしはいくら食べても太らない体質なわけではありません。

たくさん食べてたら、もちろんその分身になります。

なので、食べ過ぎたなと感じた時や、少し太ったな〜と思った時はすぐに調節するようにしています。

調節といっても、食べ過ぎた次の日は何も食べない!とかそんなストイックな事はしません。(いや、できません。)

  • 食後に食べようと思っていたチョコレートをやめとく。
  • いつも食べているパンを半分の量にする。

食事をとらないのではなくちょっと削る工夫をして調節しています。

ちょっとの意識でもやるとやらないでは大違い。

すぐに元の体重(普段、毎日体重をチェックするわけではないので、太ったな〜と思うのも体感的)に戻ります。

<最後にもう1つ!>太ると思わない・体重を気にしない

これは気持ちの問題なのですが、あまり気にしすぎるのも前述しているストレスの原因になります。

同じものを食べる時に、

「これ食べたら太りそう・・」

と思いながら食べるより、

「これってすっごく美味しそう!だから食べたい、食べる!」

って食べた方が美味しいし楽しく食事できると思いませんか?

楽しんで食事するのも太らない秘訣。人間の思い込みの力ってとても大きいみたいです。

(マインドフル効果って言うはず・・詳しく勉強したら追記します。)

そして毎日体重を計るのも私はおすすめできません。

数百グラムの増減で一喜一憂していたら、精神的にもちませ〜ん。

とはいえ、やっぱり体重が気になる時もあるので気が向いた時に測ります。

きっと月に1〜2回くらいのペースかな?そこで増えていてもあんまり気にしない

まとめ

好きなものを食べて運動なしでも太らないためには、小さな意識の積み重ねが大切です。

 

ストレスフリーで美味しいものを食べることが一番の幸せな私にとって、厳しいルールは絶対に無理!

毎朝のストレッチや、体に悪いものは食べない、などすぐに出来ることから生活に取り入れてみてくださいね。

以上、よく食べる私が太らないためにしている習慣でした。

▼ほかにもキレイになるための情報発信中▼

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です