【石勝線夕張支線の廃止決定】混雑前に乗り納め。

JR北海道の石勝線夕張支線は、2019年4月1日廃線が決定されました。

次々とローカル線が廃線になっていくJR北海道。

今回の廃線も、「経済的に維持が困難」が理由。

鉄道ファンとしては、古き良きローカル線がなくなっていくのは悲しい現実。

今回は、その石勝線夕張支線に最初で最後である乗車記録を紹介したいと思います。

廃線が近づくにつれ、混雑が予想されるので乗り納めしたい方はお早めに!

関連記事:三江線、廃止前の混雑状況は?平日乗車記録

スポンサーリンク

石勝線夕張支線の乗車記録

ということで、少し前になりますが北海道はすでに真冬状態な11月に乗ってきました。

石勝線とは?

source)

南千歳ー新得を結ぶ路線で、さらに新夕張ー夕張を結ぶ夕張支線があります。

今回この夕張支線が、廃止になるため乗ってきました。

夕張支線は、今から126年前(2018年現在)に開通されて以来、石油輸送を支えていましたが、鉱山閉山後には乗客が激減、数年前から、JR北海道は経済的な理由から夕張支線廃止を提案していました。

そしてついに、今回廃止が決定。2019年4月1日に夕張支線の幕が閉じられます。

石勝線夕張支線に乗るまで・・

関西からまずは東北新幹線はやぶさ21号で新函館北斗駅まで。

スポンサーリンク

石勝線始発駅「南千歳駅」からスタート

始発駅からスタートです。

電化されていない古き良きローカル電車の雰囲気です。

南千歳駅から次の停車駅は、追分駅。

夕張支線の分岐点、新夕張駅につきました。

新夕張駅の昔の駅名知ってる?

現在、新夕張駅として知られているこの駅、昔は紅葉山(もみじやま)という駅名だったんです。

その昔の駅看板が残っていました。

現在の新夕張駅には、1981年10月に変更されました。

夕張支線の車内の様子

レトロ感を感じるこの車内、後1年もしない間に乗れなくなると思うと少し寂しい。

車内は、混み合っておらず席もまばらに空いています。

夕張支線はこれから混雑が予想される
廃線が決まるとなると、全国から最後に乗り納めようと、鉄道ファンがやってきます。

私が乗った時期(2017年)は大丈夫でしたが、現在(2018年5月時点)では、混み合うこともあるそうです。

さらに廃止が近づくにつれ、かなりの混雑が予想されます。

ゆっくりと鉄道旅を楽しみたい方は、できるだけ早く行くことがおすすめ

(2018年GWは増結して運行されたそうです。)

スポンサーリンク

夕張支線の終点、夕張駅に到着

着いた頃には、真っ暗です。

北海道の雪景色とこのローカル電車ってなんだかいい雰囲気を出してくれる(笑)

折り返し石勝線追分駅に着いた頃には真っ暗でした。

石勝線で出会ったキハ40系車両

キハ40 1705

キハ40 351

まとめ 夕張支線は廃止前に早めの乗車がおすすめ

後1年もすれば乗れなくなってしまう石勝線夕張支線。

乗るなら今がおすすめです。

夏休みや、廃止直前の春休み(2019年3月ごろ)はかなり混雑することが予想されています。

ローカル線だからこそ、のんびりと乗車するのが一番の醍醐味。

廃止前に乗り納めをしておきたいという方は、ぜひ早めの計画をして行ってきてくださいね。

関連記事:三江線、廃止前の混雑状況は?平日乗車記録

関連記事:稚内・樺太食堂のうにだけうに丼は死ぬまでに食べるべき。

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です