スパイシーピーナッツがお酒のおつまみにぴったり。

ビールのおつまみにもってこいな美味しいピーナッツを発見。

辛いものが好きな人は、ハマってしまうスパイシーなピーナッツ。

お家にストックしておけば、晩酌の時のいいおつまみになりますよ。

スポンサーリンク

スパイシーピーナッツがピリ辛で美味しかった。

輸入食品とコーヒーを取り扱うお店ジュピターで購入しました。

辛いものが好きな私にとって、心惹かれるパッケージです。輸入国は中国です。

スパイシーピーナッツのカロリー・原材料は?

食べる前に、まずカロリーと原材料を見てみましょう。

原材料:落花生、唐辛子、大豆油、食塩、山椒、調味料、酸化防止剤

一袋(70g)あたりのカロリーは432kcal

  • たんぱく質:17.2g
  • 脂質:34.8g
  • 炭水化物:12.4g
  • 食塩相当量:1.4g
補足
ピーナッツ(落花生)は、たんぱく質豊富で糖質は比較的低めの食材です。

糖質制限をしている人にもおすすめのスナックです。

スポンサーリンク

スパイシーピーナッツはほどよいピリ辛でお酒にぴったり

唐辛子の種や山椒が結構多く入っていました。

一回で食べきるのは多いのでビンで保存。

こうやってみると結構唐辛子が多いのがわかります。

パッケージを見ると結構辛そうなイメージでしたが、思っていたより辛さはかなり控えめ。

唐辛子の辛さよりも山椒のピリっとした刺激が強い味でした。

これはビールやハイボールとよく合いそうですね。

逆に言えば、普段のおやつには向いていない感じ。

小腹が減ったときなどの間食には、普通のバタピーがおすすめ。

また健康に気を使う方には、素焼き落花生がおすすめですよ。

スポンサーリンク

ピーナッツ好きにおすすめしたいピーナッツバター

ピーナッツが好きな人には、ぜひ食べて欲しいのが無添加ピーナッツ100%のピーナッツバターです。

砂糖・油脂を全く加えていないので甘くないピーナッツバターです。

ピーナッツ本来の美味しさをストレートに感じることができて、クラッカーに塗ったりパンと一緒に食べるのがおすすめ。

日本ではなかなか売っているところが少ないですが、ぜひ気になる方は食べてみてくださいね。

オーストラリアのピーナッツバターが超おすすめ(お土産にも!)

2017.07.28

 

▼ピーナッツバターの定番スキッピーがアイスになった▼

SKIPPY(スキッピー)ピーナッツバターアイスは濃厚だけど低カロリー。

2018.02.19

無添加のピーナッツバターはパンに塗るだけでなくて、和え物に使ったりとアレンジ次第で使い道はたくさんあるので一つ常備していると重宝するアイテムです。

国内で買える『無添加ピーナッツバター』

私が色々と探りたどり着いたおすすめの無添加・100%ピーナッツからできるピーナッツバターのおすすめはこの3つ。どれもしっかりとピーナッツ自体の甘さと奥深い味があって濃厚。

ホールアースのものは、そこまで値段も高くなくオーガニックなので安心して食べれます。

ピーナッツバターが好きな方は、ぜひ一度100%ピーナッツから出来たピーナッツバターを食べてみてください。

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です