香川名物「一鶏」の骨付鳥を西梅田で味わう夜。

香川発祥の名物、骨付き鳥を大阪北新地で食べてきました。

スパイスの効いた骨付き鳥は、ビールとの相性抜群。

お値段もリーズナブルで、病みつきになる美味しさです。

スポンサーリンク

「一鶏」は香川発祥の骨付き鳥専門店

北新地で夕食を食べました。

飲屋街で有名な大阪・北新地は、飲食店がたくさん。

どこも高級志向で高いお店が多い中、今日紹介する骨付き鳥専門店「一鶏」は北新地で安くて美味しいお店です。

北新地のランチもおすすめ

▼めちゃうま豚カツが1000円で食べられるお店▼

【epais・北新地】ミシュラン掲載店で塩とんかつランチ

一鶏・西梅田店で香川名物「骨付き鳥」をいただく。

四国・香川と聞くと「うどん」が名物料理として有名。

でも、骨付き鳥も忘れてはいけない名物のひとつ。

特製スパイスを使ってじっくり焼き上げたジューシーな骨付き鳥は、ビールがすすむ味。

そんな骨付き鳥が美味しい香川・高松に本店をかまえる「一鶏」は大阪でも食べることができるんです。

今回お邪魔したのは北新地のど真ん中にある、一鶏西梅田店。

北新地駅から歩いて5分もしないビルの4階。

(1階にはセブンイレブン、同ビルには木曽路が入っています。)

一鶏のメニュー

名物骨付鳥は「おやどり」と「ひなどり」の2種類。

また食べ方は、骨付きのままかじるつくか、あらかじめバラしてもらうかを選べます。

(私は食べやすさ重視でいつもバラしてもらいます!)

(※お持ち帰りの販売もしていますよ。)

骨付鳥以外にも、お酒のあてになるような一品メニューも充実。

しっかり食べたい人におすすめしたいのが、「むすび」。

小さめのおにぎりが3つのメニューで、骨付鳥の旨みがたっぷり出た油につけて食べてください。

お酒と一緒に楽しみたい!って人におすすめなのが「もつ煮付け」

こんにゃくと鶏もつがたっぷり。しっかりめの味付けでお酒がどんどんすすむ小鉢。

骨付鳥は注文してから少し時間がかかるので、もつ煮付けをアテにビールをいただきます。

野菜もしっかり食べておこうということで「シーザーチキンサラダ」も注文。

チーズの味がしっかりしたドレッシング。ただ蒸し鶏がかなり少なめなのが残念。

スポンサーリンク

一鶏は「おやどり」と「ひなどり」の2種類がある。

左はおやどり、右はひなどり。1つずつを注文しました。

一鶏の骨付鳥は、かなりスパイシーで濃いめのお味。ってことで必然的にビールがすすみます。

普段は1杯しか飲まないビールも、ここにくるとお代わりしたくなってしまうほど。

逆に言えば、お酒なしではちょっと食べづらい味付けでもあるということ。

なので、ノンアルコールの方やお子様用には注文時に薄めにしてもらうように伝えるのがおすすめです。

一鶏のスパイスって、他のどのお店にもない独特な味なんです。

これが病みつきになってしまう。ハマってしまう人は、かなりハマる味ですよ。

ひなどりは柔らかくてジューシー。

柔らかい身が特徴なのが「ひなどり」

皮はパリッと身は柔らかくてジューシーなひなどりは、硬い食感(地鶏のような)が苦手な人にもおすすめ。

小さいお子さんには、間違いなくひなどりがおすすめ。(でも、子供には味付けが濃いすぎるかも。)

おやどりは、ギュッとしまった身が特徴。

写真ではあまり違いが分からない、おやどりとひなどり。

私は完全におやどり派

ひなどりと違って、硬く噛みごたえのある身が特徴。

地鶏の炭火焼が好きな人は、おやどりの方が好みかと。またお酒好きな人にもこっちがおすすめです。

地鶏ならこっちもおすすめ→【角鶏】西宮・今津にある地鶏もも焼きの名店です。

 

どちらも、骨に残っている身にかぶりついて食べるのが最後のお楽しみ。

骨についている身ほど、旨みが強くて美味しいんです。

(口の周りは油でベトベトになることを覚悟してお食べください。笑)

まとめ

ビール好き、濃い味好きにはたまらない香川名物の骨付鳥「一鶏」。

店内は、広々としていて分煙もしてありました。

カウンター席もあるので、一人でも来やすいのも嬉しい。

仕事帰りに、ふらっと寄ってビールと骨付鳥をサクッと食べて帰る。なんて最高では?(笑)

週末は混み合うので予約するのがおすすめです。

ぜひ、他ではなかなか味わうことの出来ないスパイスの効いた骨付鳥をビールと一緒に味ってみてくださいね。

詳しい店舗情報は、公式サイトでどうぞ。

http://www.ikkaku.co.jp

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です