【激ウマ小籠包】メルボルンは美味しい中華料理食べられます。

メルボルンって本当にいろんな国の美味しい料理が食べられる街なんです。

なかでも、世界三大料理である中華料理はかなり美味しいお店がたくさんあるメルボルン。

今日はメルボルンで食べられる美味しい小籠包について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メルボルンの小籠包が美味しすぎて仰天

こんにちは、メルボルン大好きなAKKOです。

私、小籠包ってあんまり好きじゃなかったんです。でも、メルボルンで小籠包が大好きになりました。笑

 

過去記事でも、しつこく言っているのですが・・

メルボルンは各国の美味しい料理が味わえる素敵な街です。

その理由は、移民の街だからこそ実兼できる「現地の人がシェフをしている」ということ。

 

日本だと、イタリアンでも中華でも半分以上は、日本人のシェフだと思いませんか?

中には、イタリアンとつければ女性ウケがいいと思ってイタリア料理の知識が十分でないのにイタリアンレストランを開店したりするところもチラホラ見かけます。

一方メルボルンでは、たくさんのお店がその国出身のシェフの熱い魂と共に作られるお料理。

美味しくないわけないですよね。

はい、めちゃくちゃ美味しい本格的なインターナショナルなお料理が楽しめちゃうのがメルボルンです。

ということで、前置きが少し長くなってしまいました。

今回は、世界三大料理の一つでもある「中華料理」から美味しい小籠包を紹介します。

(ちなみに小籠包は英語圏では「dumpling/ダンプリング」として知られています。)

安くて美味しい中華料理はチャイナタウンにあり?

メルボルンではシティ内に、チャイナタウンという中華料理のお店がたくさん集まったエリアがあります。

地元の人から観光客まで多くの人にメルボルン人気スポットの1つです。

日本人にも馴染み深い中華料理は、世界中にあって多くの人が食べられる親しみやすい料理ですよね。

メルボルン滞在中は、友達と何を食べるか迷った時には「とりあえずチャイナタウン行こか〜」ってなりました。笑

メルボルンのチャイナタウンの良いところは、他のレストランに比べて「安く食べられるお店」が多いこと。

物価、特に外食の値段が高いオーストラリアでは、お財布に優しいお店が集結しています。

また日本人にも馴染み深い味の中華料理は、和食が恋しくなった時に日本食屋さんに行く代わりにもなるんです。

というのも、メルボルンのチャイナタウンには「偽・日本食屋」がたくさん。笑

中国人の方が経営しているジャパニーズレストランが結構あるんですね。

なので、本物の日本の味を求めると難しいですが「日本食もどき」の料理には比較的リーズナブルな値段で食べることができますよ。(唐揚げ、照り焼き、牛丼など)

メルボルンの本格的な日本料理ならNOBUが有名です。

 

またチャイナタウンはBYOができるお店が多いという点にも注目です!

スポンサーリンク

BYOというのはお酒を持ち込めるシステムです。

BYOとは?
あんまり聞きなれない言葉ですよね。事実、私もメルボルンに来るまで知りませんでした。
『BYOは、Bring Your Ownの略』で、お客さんがビールやワインなどのアルコール飲料を持ち込むことができるシステムです。
BYOのシステムは、お店にグラス代として数ドル払うだけ!(平均的なグラス代は$5〜7くらい)
あとは自分が持ち込んだお酒を好きなだけお店でお料理と一緒に飲めるという最高なシステム!
オーストラリアでは特に外食時のアルコールはかなり高め。
ビールだと安くても一杯$6くらい、平均的な値段で$10(約850円)くらい。
またワインなんかだと普通に$12(約1020円)くらいするところも。
ですがこれはレストランで注文した時の話。
リキュールショップ(酒屋)などに行くと美味しいワインがボトルで$10前後で買えるので、断然BYOを活用するほうがお得になります。
特に4人くらいの人数で行く時なんかはかなり割安になりますし、自分のお気に入りのお酒が飲めるところが嬉しい。
チャイナタウンで食事をする時は『BYO』が絶対におすすめ!
さて、話は逸れてしまいましたが、(でも重要なポイント・・笑)今回は私が食べた美味しい小籠包をご紹介します。

 

メルボルンで美味しい小籠包が食べられるお店

私は実際に数件の中華料理屋さんに行き小籠包を食べましたが、ずばぬけて美味しく気に入ったお店2つを紹介していきますね。

【Shanghai Street Dumpling】メルボルンで一番人気の中華料理店

source by

source by

多くのグルメ通が、メルボルンで小籠包といえばココ!言うくらい人気のお店です。

知名度でいうと、こちらのお店が一番だと思います。

ガイドブックにも掲載されているお店なので観光客も多く、連日行列が絶えないお店です。

そんなお店の名前は「Shanghai Street Dumpling」

本当にいつでも前を通れば長い行列ができていますが、店内はかなり広いので、比較的回転は早い方。

とは言え私も行った時は平日の開店直後に訪れたのにも関わらず、20分ほど待ちました。

このお店はもう1店舗支店もあるんですが、こちらのお店より狭く、同様に行列ができているので、どっちに行くのがいいかはその時次第といった感じ。

店員さんは全員が中国の方で、英語でコミュニケーションが取りづらいシーンが多々ありましたが、メニューには一つずつ番号が振られているので問題なく注文できるのでご安心を。

席に着いて注文してからは、待つことなくすぐに小籠包(Dumplimg)がやってきます。

ここでは一番人気のポークのDumplimgがおすすめ。熱々のスープが薄い皮の中にたっぷり。

火傷しないようにレンゲとお箸を上手に使って気をつけてお食べください。(かなり熱いので要注意!)

他にも麻婆豆腐や麺類などのメニューも豊富にありますよ。

小籠包以外のお料理は、どれも一品の量がかなり多いので大人数でシェアするのがおすすめ。

店名 Shanghai Street Dumpling

住所 146 Little Bourke Street, CBD, Melbourne, VIC

営業時間 12:00~15:00 17:00~21:00

zomatoページ

 【Shanghai Dragon Dumpling】個人的に一番美味いと思う小籠包

私が個人的にメルボルンで一番美味しい小籠包だと思うのがこのお店。

Russell street沿いにある小さいお店です。ランチ時には、店内はいつも満席で、テイクアウト待ちのお客さんも多いです。

実はここにくるまで小籠包があまり好きではなかった私、ここの小籠包(Dumplimg)を食べて以来ハマってしまいました。(現在日本で中々好みの小籠包に出会えていないのが悲しい。)

最初に連れてきてくれた友達には大感謝!

ここには軽く5回以上は食べに行きましたね。

こちらのお店も定番のポークのDumplimgが人気でおすすめ。

薄い皮の中にジューシな餡とたっぷりのスープが。8個で$7.6

しっかりとした味付けで、何もつけなくても美味しい小籠包。

この定番のDumplimgはもちろん美味しくておすすめなのですが、ここでの私のイチオシは

「Pork and Prawn wontons in chill oil with peanuts and sesame butter sauce」

長い名前のメニューですが、こんな感じ!

エビと豚ミンチのワンタンにチリオイルとピーナッツバターソースがかかっています。

この見た目だけ見るとあんまり食べたいと思う人は居ないって?(´・Д・)」

いや、これめっちゃ美味しいですよ。

辛いものが好きな人、ピーナッツバターが好きな人はどっぷりハマってしまう味なこと間違い無し。

これを食べにだけでも来てしまうくらい病みつきになる小籠包でした。

日本の中華料理店では未だ見つけられないメニューで、日本にいる今とっても恋しい食べ物の一つがこれ!

店名 Shanghai Dragon Dumpling住所 163 Russell Street, CBD, Melbourne, VIC

営業時間 11:30~21:00

website 【zomato

 

他にも数件のお店で小籠包を食べていた私。

大体のお店にチリソースの小籠包がありました。

散りばめられたピーナッツがポイント!

焼き餃子は皮が厚めでモチモチなのが多いメルボルン

まとめ

メルボルンには小籠包が食べられるお店がたくさんあります。(特にチャイナタウンには。)

また日本ではなかなか巡り会えないピーナッツバターやチリソースを使用した小籠包は、ぜひ見逃したくない一つです。

他にも、ベジタリアンのために動物性食品を使わない小籠包もあったりと色々な種類の小籠包が楽しめます。

<メルボルンおすすめグルメ>節約中に嬉しいベジタリアンレストランに行ってみた。

2017.09.17

ベジタリアン天国のオーストラリアでベジタリアン専門店に行ってきた。

2017.07.09

あっさり好きな方には、豚ひき肉の代わりに鶏肉を使用した小籠包もおすすめです。

日本で定番の焼き餃子もメニューにあるので、日本食が恋しくなったときにも助かります。

いろんな種類を食べてみたい方は数人で行ってシェアするのがおすすめです。

ぜひ、メルボルンで安くて美味しい小籠包を食べてみてくださいね。

オーストラリア・メルボルン情報は他にもたくさん掲載中!

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です