レーザーフェイシャルの効果や照射後について教えます!

きれいな肌になるためにおすすめしたいのがレーザーフェイシャル。

普段のスキンケアはごくごくシンプルに。

でもたまにご褒美として、定的的にレーザーフェイシャルを施術することで、美肌を維持。

今日はそんなレーザーフェイシャルの効果や実際に施術した時のことについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レーザーフェイシャルの効果・照射後・痛み・回数

「美肌」は女性ならだれもが憧れるもの。

毛穴・シミ・ソバカスなどの肌の悩みを解決して、きれいなお肌になりたい。

そんな方には、レーザーフェイシャルがおすすめ。

普段のスキンケアは、超シンプルで化粧水も乳液も使わない私。

ニベアやココナッツオイルで保湿またはヒルドイドを使っています。

なので、本当に基礎化粧品に関してはお金がかかりません。

関連記事:ニベアソフトの効果を青缶ニベアと比較してみました。

関連記事:ココナッツオイルはメイク落とし・保湿の両方に使える。

そこで普段のスキンケアで浮いたお金は、年に3〜4回レーザーフェイシャルに投資しています。

レーザーフェイシャルは、

  • お金がかかる
  • ダウンタイムがある
  • 痛みがある

などデメリットもありますが、それ以上に美肌効果が高いのを実感。

これからレーザーフェイシャルを受けてみようと思っている人に、照射後の写真や痛み・効果を紹介します。

※照射後の写真は結構ひどいですがご了承くださいね。笑

まずはじめに、美肌になるために大切なこと。

『美肌になるためには食べ物が一番大切です!』

レーザーフェイシャルよりも、まず大切なのは食生活。

高級な化粧品やパックなど使わなくても私が美肌を保てている理由は

「9割食事、1割レーザー」です。

とにかく美肌になるためには毎日の食生活に気を使うこと。

何を食べるかで、肌の調子は本当によくも悪くもなるんです。

バランスのとれた食生活ができている事を前提として、レーザーフェイシャルを受けることでさらに美肌に。

なので、普段の食生活が乱れがちな人はレーザーフェイシャルの前に日々の食事を見直してください。

スポンサーリンク

レーザーフェイシャルの種類は?

では、ここからが本題。レーザーフェイシャルの種類などについて紹介していきます。

私が使用しているレーザーフェイシャルの機械は3つ。

  1. ジェントルレーズ(Gentle LASE)
  2. CO2
  3. スペクトラ(レーザートーニング&スペクトラピーリング)

この3種類のレーザーを、皮膚科医の判断のもと照射をしてもらっています。

簡単に3つの機械の効果というのがこんな感じ。

  • ジェントルレーズ→脱毛・毛穴の引き締め
  • CO2→にきび跡の改善、にきび予防、くすみ改善、美白
  • スペクトラ→しわ・肝斑の除去、肌のトーンアップ

この3つが合体すると最強の美肌フェイシャルレーザーということです。

レーザーフェイシャルの料金

私は近くの個人の皮膚科で1回20000円(税抜き)です。

(これは、かなり安いみたいです。)

なので、一般的な大手美容皮膚科などのお値段の参考にはならないことをご了承ください。

また毎回、その時の私の肌の状態をみて、先生に組み合わせていただいています。

なので、信頼できる医師のもとで自分の肌の悩み・症状にあったレーザーを照射してもらうのも大切です。

興味がある人は、近くの美容皮膚科や大手美容皮膚科などでカウンセリングをしっかり受けることがおすすめです。

レーザーフェイシャルの効果は?

  • シミ・ソバカスがなくなった。
  • 毛穴が目立たなくなった。
  • 化粧ノリがよくなる。
  • きめ細かい肌になる。
  • 肌トラブルがなくなる。
  • 肌のトーンが均一になる。

もともと両頰に、薄茶色のソバカスがたくさんあったのが悩みだった私。

レーザーフェイシャルのおかげで、きれいに消えました。

もちろん1回の照射では、なくなりません。

定期的に何度か受けることではじめてレーザーフェイシャルは効果を発揮してくれます。

*レーザーフェイシャルは1回では、効果を感じることができません。

小鼻周りの毛穴も目立たなくなり、見えないように。きめ細かい肌質になり化粧ノリもよくなります。

またシミ・ソバカス・肝斑が改善されることで、肌のトーンが均一になるのも実感。

ファンデーションをつけなくても気にならないくらいにまで美肌になることができました。

レーザーフェイシャル照射後のダウンタイム

嬉しい効果がいっぱい、美肌に効果的なレーザーフェイシャルも、照射後はひどい状態です。笑

肌の状態や個人差もありますが、ダウンタイムは、最低1〜2週間はかかります。

*ダウンタイムとは、施術してから回復するまでの期間のこと。

とくに、シミや肝斑などに照射した後は、赤みが強く出て照射直後は腫れたようになることも。

レーザー照射時の痛みはもちろん、照射後30〜1時間は軽い火傷をしたようなジンジンとした痛みが続きます。

レーザー照射当日〜3日まではかなり目立つので、予定をあらかじめ調節しておくのがおすすめ。

レーザー照射当日〜きれいになるまでの流れ

照射後からきれいな肌になるまでの流れとしては、

  1. 照射直後後 痛みと赤み・腫れが目立つ
  2. 翌日〜3日 赤みを帯びた点々がある状態
  3. 3日〜1週間 赤い点々がかさぶたに変わっていく
  4. 1週間〜 かさぶたが剥がれていく【※】
  5. すべて剥がれ落ちきれいな肌になる!

こんな感じです。

【※】ここで注意しておきたいのが、4番目の段階でかさぶたを絶対に自分ではがさないこと。

自然と剥がれ落ちるまで気になってもそのままにしておくことがとても重要。

では、実際に私が照射した時の写真をどうぞ。

スポンサーリンク

レーザーフェイシャル照射後の写真

文章だけでは、あまり分かりにくいかと思うので実際にレーザー照射後の状態を写真に撮ってみました。

照射後すぐに撮った写真がこちら。

赤くなって腫れています。この状態ではまだジンジンと顔が火照った感覚で痛みがあります。

シミや肝斑(肌の色・トーンが異なる箇所)がひどければ、その分赤くなり腫れや痛みも強くなります。

この写真は、一番最近に受けたレーザーフェイシャル照射後です。

初めてレーザー照射を受けた時はこの写真に比べてもっと全体的に真っ赤で痛みもひどかったです。

箇所にやっては血が出てるところも。

これは照射後7〜8時間後。当日なので照射直後とほとんど変わりませんね。

こめかみ辺りの部分がかなり赤く目立ちます。

レーザー照射翌日に、ファンデーションを塗った状態。

*使用しているのは、ミネラルファンデーション のパウダータイプ。

つけ心地が軽くて、崩れにくく厚塗りにならないところがお気に入りです。

照射当日に比べると少しましに見える程度で、翌日でもかなり跡は目立ちます。

コンシーラーなどで頑張ったらもう少し目立ちにくくはなるかと思いますが、できるだけ余計なものをつけたくないので私はダウンタイム期間は諦めています。笑

レーザーフェイシャルの効果が得られる回数は?

私は、定期的に5年近くレーザーフェイシャルの施術を受けています。

ペースでいえば、3〜4ヶ月に1回程度。

*最初は1〜2ヶ月に1度のペースを1年続けました

年に10万円ほどの出費になりますが、1ヶ月で割ると1万円以下。

それ以外には、ほぼ基礎化粧品にお金をかけていないので高いとは感じません。

そしてそれ以上に、レーザーフェイシャルの美肌効果をかなり実感しているのでこれからも続けていくつもりです。

レーザーフェイシャルのまとめ

レーザーフェイシャルは、美肌に効果的なのは実感済み。

ただし、決して1回だけで効果を得ることはできません。

繰り返し照射していくことで美肌を手にいれることができます。

美肌になるためには、まずは食生活の見直し・改善。

しっかりと内側のケアができた状態で、プラスアルファとして、フェイシャルレーザーを受けるのが効果的です。

これからレーザーフェイシャルを受けようと思っている方の参考になれれば嬉しいと思います。

sponsored link












1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です