ニベアソフトと青缶の違いは?効果や使い方を比較したよ!

『某高級クリームと成分がほぼ同じ』と話題にもなったニベア。
そんなニベアクリームも、定番の青缶と白色のパッケージのニベアソフトがあります。

一体どちらの方が美肌にはいいのでしょう?

日々、美肌を目指す私がこの青缶とソフトを両方使用して比較!
その結果、どっちが美肌効果があるのかをまとめました。

先に結果を言うと、白ニベアも青ニベアも美肌効果高い万能クリームです。
ただ一つ大切なのは、自分の肌にあったニベアを選ぶこと。

では、早速白のニベアソフトと青缶ニベアを比べた結果を解説していきます。

ニベアソフト以外にスキンケアにはココナッツオイルもおすすめです。

ココナッツオイルをメイク落としに使う方法

ココナッツオイルの保湿力が素晴らしかった。

スポンサーリンク

ニベアソフトと青缶ニベアの違い

まずは最初に、ニベア2種類を紹介しますね。

今回私がおすすめする「ニベアソフト」がこれ。
白ニベアとも呼ばれています。

そしてもう一つ定番の青缶ニベアがこれ。

一時期、「高級クリームの原材料とほぼ一緒」ということで話題・人気になった青缶のニベア。
私もこのブームに乗っかり使用してみました。

スポンサーリンク

青缶ニベアはベタつきが気になる

青缶ニベアを使ってみた感想は、べたつきが気になる
冬の乾燥する時期に、体の保湿として使用するのにはかなり良いアイテムだと思います。
が、夏場など汗をかきやすい時期は、ちょっと重ため。
保湿力はしっかりあるので、乾燥肌の人にはおすすめ。
また朝の保湿クリームとしては、その後のメイクが崩れやすいと感じました。

なので、乾燥肌の人は朝夜問わず。
普通肌〜オイリー肌の人は乾燥しやすい季節や夜のみに使うのがおすすめです。

白のニベアソフトは軽い付け心地が特徴

反対にニベアソフトは、青缶に比べてテクスチャーがゆるめです。
なので朝につけても、ベタつきが気にならず、付け心地も軽め。
逆に冬など乾燥しやすい季節だと、保湿力に物足りなさを感じそう。
(特に、冬場の全身の保湿目的には青缶の方がいいと思いました。)

ニベアソフトと青缶の比較結果

両者を比べてみた結果、しっとりタイプが青缶ニベア、さっぱりタイプがニベアソフトといった感じ。

顔に使うなら、

  • 季節や朝・夜で使い分ける。
    (春夏・朝→ニベアソフト/秋冬・夜→青缶)
  • 自分の肌質によって使い分ける。
    (普通肌〜オイリー肌→ニベアソフト/乾燥肌→青缶)

身体の保湿に使うなら

  • 夜はたっぷり青缶で保湿
  • ベタつきが気になる日中はソフトでこまめに保湿

といった感じで使い分けるのが個人的にはおすすめです。

スポンサーリンク

ニベアソフトの使い方

夏には、ニベアソフトがおすすめです

湿度が高い日本の夏には、青缶ほどしっかりとした保湿力は必要ありません。
むしろ朝の保湿に青缶ニベアを使ってしまうと、油分量が多すぎて化粧崩れの原因にも。
そんな汗をかきやすい季節には、ニベアソフトを使うといいです。
ちゃんと保湿力はありながら、青缶ニベアほどべたつかない。
塗った直後でも、さらっとした使い心地で、化粧崩れも防げることが分かりました。

ちなみに、私のニベアソフト使用方法はこんな感じです。

<朝>水で洗顔し、ニベアソフトを薄く塗る→そのままメイク

<夜>ココナッツオイルで化粧落としした後、ニベアソフトを塗る

これだけで、肌トラブルなし、ニキビや吹き出物もなし、乾燥なし。
ニベアソフトは、軽い付け心地なので化粧下地とも使用することができました。
チューブタイプだと持ち運びに便利。
ハンドクリームとしても使えます。
お家用には、大きいタイプ。持ち運び用にはチューブタイプと使い分けています。

またチューブタイプは、旅行中などにもかさばらないのでおすすめです。
化粧水や乳液など使わず、洗顔後のスキンケアがチューブ1本だけで済んじゃうので本当に楽チン。
化粧下地の役目まで果たしてくれるところが嬉しいですね。

最後に、ニベアソフトについてまとめると・・・

  • 保湿力はしっかり
  • べたつかない
  • もっちりした肌質になったのを実感
  • 化粧下地にも使える
  • コストパフォーマンス良し

特に化粧下地として使うのには、青缶ニベアよりも良いと思いました。

青缶ニベアの使い方

白ニベアが優秀と言いながらも、青缶ニベアもかなり優秀なコスパ最高アイテム。
私が一番おすすめのニベア青缶の使い方は、全身の保湿に使うこと。
もう一つは、乾燥する季節の夜のスキンケアに使うこと。
この2つです。
体全身の保湿には、ニベアソフトよりも青缶ニベアの方が保湿力が高く、しっかりと乾燥から肌を守ってくれます。

ヒップケアに超おすすめ!青缶ニベア

特にヒップの保湿には、青缶ニベアはかなりおすすめ。
お風呂上がりに、少し濡れた状態のまま青缶ニベア少量をザラつき・乾燥が気になる部分に擦り込むように塗るのがポイント。

もう一つの青缶ニベアのおすすめの使い方は、乾燥する季節の夜のフェイスケアに使うこと。
乾燥がきになる冬の季節には、ニベアソフトでは保湿が十分じゃない時があります。
なので、夜のフェイスケアを青缶ニベアに変えてあげるのがおすすめです。
朝は、ニベアソフトの方が化粧崩れしにくいので、夜にしっかりと青缶ニベアで保湿をしてあげるのがポイント。
ですが、超乾燥肌という方は朝も青缶ニベアで保湿してもいいかもしれません。
自分の肌タイプと相談して使い分けましょう。

結局、ニベアソフトと青缶ニベアどっちがいいのか問題

どちらも使い比べた結果、青缶ニベアとニベアソフトは、
『2つを上手に使い分けるのがベスト』
少し2つのメリットとデメリットをまとめてみました。

青缶ニベアのメリット・デメリット

<メリット>

  • 保湿力が高い。(ニベアソフトと比較)
  • 安価で手に入れやすい。
  • 顔・身体全身に使える

<デメリット>

  • べたつきが気になる
  • 重た目のテクスチャーで伸びが悪い
  • 化粧下地には不向き

実際使用して感じた感想・効果をまとめるとこんな感じ。

ニベアソフトのメリット・デメリット

<メリット>

  • 軽い付け心地
  • 保湿力はそれなりにある
  • 化粧下地にも使える
  • 塗った直後からベタつかない

<デメリット>

  • 冬場など乾燥しがちな時には保湿力が足りない
  • 乾燥のひどい部分には効果なし

こんな感じです。

「結論:青缶ニベアとニベアソフトは用途に合わせて使い分け」

冬場や乾燥がひどい気になる部分には青缶のニベアをたっぷり塗ってしっかり保湿。
逆に、夏場などそんなに乾燥が気にならない時はさらっとした付け心地のニベアソフトを使用する。
と使い分けるのがベスト。

化粧下地として使うには一年を通してニベアソフトを使用するのがおすすめ。
肌の水分量がちょうどよく保たれ、化粧崩れを抑えてくれる効果を実感しました。

余談になりますが、いかに安く、シンプルに、楽チンにだけど美肌効果がある最強のスキンケアは、
「ココナッツオイルと2種類のニベアの使い分け」だと思います。

ココナッツオイルについてはこちらをどうぞ

コストコのココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルをメイク落としに使う方法

ココナッツオイルの保湿力が素晴らしかった。

前回紹介したココナッツオイルも今回のニベア2種類も、全てかなりコストパフォーマンスが良い万能保湿アイテム。
自分の肌質や、その時の用途に合わせて使い分けてるのがベストです。
私は常にこの3つは常備アイテムとしてお家に置いてあります。
3つ買っても高級ブランドの化粧品より安く買えちゃうのでかなりおすすめ。
(たまにはお金をかけてレーザーフェイシャルもしています。)
ココナッツオイルとニベアを上手く使い分けることで、一年中肌トラブルなし、もっちり肌をキープしています。
(※冬場の乾燥が特に気になる時は青缶ニベアをしっかり塗って寝るとかなり改善されました。)

ということで、今日はコスパ最高な万能クリーム「ニベア」の2種類について紹介しました。
どちらも、お金をかけず美肌・美ボディを保つのにおすすめアイテムです。

sponsored link












7 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です