【角鶏】西宮・今津にある地鶏もも焼きの名店です。

宮崎名物の炭火もも焼きが美味しい西宮今津にある角鶏に行ってきました。

 

ビールともも焼きは、相性抜群。他店では食べる事のできない店主こだわりの逸品で、地元の人だけでなく遠方からもこの味を求めてやってくるお客さんがたくさん。

角鶏のもも焼きは、一度食べると病みつきになる旨さです。

スポンサーリンク

今津・角鶏の名物もも焼き

これが、お店の名物「もも焼き」のバラシです。

炭を使って焼いていくので、黒くなっているのが特徴。

まずは一口、何もつけずにそのまま食べてみてください。

普通の鶏肉とは一味もふた味も違う、地鶏ならではの弾力と旨味が口いっぱいに広がります。

テーブルにセッティングされている、一味・にんにくチップ・柚子胡椒をスタンバイ。

これらを使い分けて食べ進めることで最後まで飽きずに美味しく食べられます。

個人的には、柚子胡椒が一番好みです。

普段、鶏皮はあまり得意じゃない私なんですが、角鶏で食べるもも焼きだとなぜか皮まで美味しく食べられる不思議。

香ばしくって脂っこすぎないんです。

スポンサーリンク

「骨つき」か「ばらし」で美味しさも変わる?

角鶏のもも焼きは注文時に「ばらし」もしくは「骨付き」かを聞かれます。

骨つきの方が、身を切らない分、脂が落ちないのでジューシーにいただけるみたいです。

私は、食べやすさ重視で「ばらし」で注文しています。

口の周りが炭と脂まみれになりたくない方は、ばらしがオススメです。

ですが、骨付きの方が「鶏を食べているぞ!!」と食べ応えがありそう。

紙エプロンもいただけるので、ぜひ丸ごと地鶏の旨味を味わいたい方は「骨付き」がおすすめです。

角鶏では、「タタキともも焼き」が定番です。

 

まずは、ビールと付き出し。

付き出しは、鶏皮と野菜をポン酢で和えたさっぱり系。

これだけでも、十分なお酒のアテになります。

続いて、タタキです。

表面だけ香ばしく炙られたタタキは、臭みなどなく、地鶏ならではの弾力があって美味しいです。

たっぷりのネギと下にひかれたオニオンスライスもいい仕事してます。

私は、このタタキが大好きなので、いつも一人一皿スタイルで注文です。

(この後に、もも焼きやお鍋を食べる場合は、シェアでも十分だと思います。)

この後に、最初に紹介した絶品「炭火もも焼き」をいただきます。

角鶏の〆には、たまごかけご飯もおすすめ。

今回は注文しなかったので、写真がなく申し訳ありません。

が、ここのたまごかけご飯はめちゃうまですよ。

とっても濃厚な黄身に、九州の甘めの醤油をかけていただきます。

ぜひ、もも焼きを食べた後の〆におすすめです。

 今津・角鶏のメニューです。

肝心な、地鶏もも焼きのメニューページだけ撮り忘れていました。

地鶏もも焼きは、ばらし・骨付き・お持ち帰り全て1000円です。

もも焼き・鍋・一品すべてにおいて地鶏を使用した料理のみ。

他に、サラダとご飯ものが少しといった感じです。

鍋メニューは、寒い冬におすすめ。

訪れた日は、とっても寒い日だったからなのかお鍋を注文している方がとても多かったです。

角鶏の鍋メニューは、水炊きと鶏すき鍋の2種類。

以前、鶏すき鍋を食べましたがこれも外れなく美味しいです。

すき焼きの地鶏バージョンです。牛肉よりあっさりいただけるけど、しっかりと食べ応えがあるので男性にも人気なメニュー。

〆のうどんまで付いているので、満足度も高めです。

まとめ 今津にある名店「角鶏」おすすめです。

西宮今津にある超人気店「角鶏」の炭火もも焼き、食べてみたくなりましたか?

地鶏ならではの、食感・味わい、そして店主がこだわり抜いた炭火もも焼きの美味しさをぜひ味わってみてくださいね。

今回紹介した今津本店以外にも、JR立花駅近くにも支店があります。

どちらも予約していくのをおすすめします。

関連ランキング:居酒屋 | 今津駅(阪急)今津駅(阪神)久寿川駅

関連ランキング:鳥料理 | 立花駅

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です