便秘に効く漢方薬「麻子仁丸」は効きすぎに注意

美容にも健康にも、そしてダイエットにも大敵な便秘。

そんな便秘を解消してくれるおすすめの漢方薬が麻子仁丸です。

『便秘で辛い。でも下剤は使いたくない。』

『できれば体に優しい薬で便秘を解消したい。』

そんな人には、麻子仁丸を試してみてはいかがでしょうか?

便秘に効く漢方薬の1つです。

ただし、この麻子仁丸は服用次第では効きすぎる場合があることに注意。

副作用が少なく優しいイメージの漢方薬でも自分の体にあった量・回数を守ることが大切です。

スポンサーリンク

麻子仁丸は便秘に効く漢方薬です。

便秘が原因で起こる体の不調といえば、

  1. 代謝の低下
  2. むくみ
  3. 肌荒れ
  4. 口臭がきつくなる

などが挙げられます。

そんな厄介な便秘は、できるだけ早く改善・解消することが大切。

そこでおすすめなのが、体に優しく副作用が少ないと言われている漢方薬「麻子仁丸」です。

 

麻子仁丸の飲み方・回数

漢方の飲み方は、基本的に食前30分前の空腹時に、水またはお湯飲みます。

1日に飲む回数は、最大3回まで。

自分の体と相談しながら1〜3回服用します。

ここで注意したいのが、麻子仁丸は効きすぎることがあること。

効きすぎると、なんとも言えない腹痛と同時にお腹を下してしまい苦しみます。

なので、飲み始めは、1日1包からがおすすめ。

1週間ほど服用しても、効き目を感じない場合は少しずつ2回、3回と増やすのがおすすめです。

増やした時に、下痢や効きすぎると感じた場合はすぐに減らしてくださいね。

*漢方薬の服用に関しては医師の診察を受け、診断に従うことを強くおすすめします。

スポンサーリンク

麻子仁丸の効果とデメリット

麻子仁丸は便秘に効く漢方薬です。

なので、効果はもちろん便秘解消なのですが肌荒れにも効果的。

肌荒れの原因となるのも便秘。

麻子仁丸を飲んで便秘を解消することにより、肌荒れもなくなります。

またむくみが軽減されたりする効果もあり女性には嬉しいことばかりです。

麻子仁丸は、薬局でも購入可能な漢方薬ですが、医療機関で処方してもらう方が自己負担が少なくおすすめです。

また下剤とは違い、依存しにくく体質改善の助っ人的存在になってくれるというメリットがあります。

麻子仁丸のデメリットは即効性の低さ

麻子仁丸に限らず薬というのは、少なからず副作用やデメリットも存在します。

麻子仁丸の場合は、下剤と比べると即効性が低い。

もちろん個人差があるので、すぐに効く場合もあります。

先述していますが、今すぐに出したい!という人には麻子仁丸よりも下剤がおすすめ。

逆に根本的に便秘の体質を改善していきたいと思う人には麻子仁丸の方を選ぶといいでしょう。

注意 下剤の飲み過ぎは危険!

下剤は即効性はあるものの、依存性が高いので注意。

出ないからといって毎日のように服用していれば、体は自分自身の力で排便することを怠ってしまいます。

「下剤に頼ればいいんだ」と思い込んでしまい排便するための筋肉も衰え、気張る力が弱くなり余計に薬に頼る必要になることも。

下剤は、本当に苦しい時やどうしても出ない時に使うように心がけるのが大切です。

麻子仁丸のまとめ

便秘に効果的な漢方薬、麻子仁丸。

最初は1日1包からスタートし、効き具合によって量を調節していってください。

また便秘を解消するための一番の方法は、生活習慣の見直し。

規則正しく健康的な食事をとり体質を改善するのも大切です。

日々の食事と麻子仁丸を上手に利用し、便秘知らずな体質を目指してください。

※本記事に書いてある内容は、一個人の見解であり医学的根拠・効果・効能などを示すものではありません。

 

sponsored link












2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です