エアチャイナ・ビジネスクラス機内食のメインをコンプリート。

エアチャイナ・ビジネスクラスでヨーロッパ旅行に行ってきました。

ビジネスクラスの機内食ってどんなのか気になりませんか?

私は搭乗前に気になりすぎてネットで調べたけどあまり出てこなかったので、私が写真付きで紹介します。

スポンサーリンク

エアチャイナ・ビジネスの機内食を味わい尽くす。

ビジネスクラス特権、優先搭乗をすませるとすぐにウェルカムドリンクとしてシャンパンがいただけます。

しっかりと冷やされていてすっきり辛口です。

続いてメニューが配られます。

さすがビジネスクラス、レストランのようなメニューでわくわく。

メニュー表記は、中国語・英語・フランス語の3種類で日本語はありません。

最初の食事は、

  1. 中華
  2. 洋食
  3. ベジタリアン

から選びます。ちなみに中華のなかでもメインは3種類から選べるようになっていました。

機内食メニュー詳細

  • 『中華』ラム肉のグリルor大根と牛肉の煮込みor海老のソテー
  • 『洋食』チキンカレー
  • 『ベジタリアン』マッシュルームのソテー

エアチャイナ機内食のミックスナッツが美味しい

食事の前に、おつまみとしてミックスナッツが出てきました。

お皿に入れてくれているのが、なんだか高級感を感じます。

このミックスナッツ、結構たっぷりな量なのですがちょうどいい塩味でついつい手が進みます。

ミックスナッツの後は、ドリンクと前菜がやってきます。

選んだのは赤ワイン、フランス産のもので軽口で飲みやすかったです。

前菜です。

手前は、プルーンにベーコンが巻かれたもの。ベーコンの塩気とプルーンの甘みがうまくマッチしています。

奥はサーモンペーストがパンの上に塗られているのですが、下のパンがパッサパサで美味しくありません。

続いて、サラダ・前菜・パン。

サラダは、フェタチーズが入っています。ドレッシングは小瓶に入ったバルサミコ酢とオリーブオイルのもの。

手前の前菜プレートは、ホタテのマリネとフルーツのソース。

グレープフルーツが小さく刻まれたものと、ハーブ、玉ねぎなどが組み合わさったソースで独特な味です。

ハーブの味が強く、苦手な人が多そうな味でした。

パンは、数種類から選べますがあんまり美味しくありません。

往路(北京発〜パリ着)の機内食のパンはすごく美味しかったのでちょっと残念。)

スポンサーリンク

エアチャイナ機内食のメイン3種類をコンプリート。

ちょっとしたハプニングで2人で3つのメインをいただけました。

メインの中華スタイル「牛肉と大根の煮込み」です。

別にお茶碗でご飯がついてくるのですが、頂きませんでした。

小さく角切りにされた牛肉と大根、人参が中華風のソースで煮込まれているお料理です。

牛肉はとても柔らかくて、ちょっと濃いめの味付けです。

もう一つのメインは洋食『チキンカレー』です。

大きめにカットされたもも肉に甘めのカレーソースで煮込まれたもの。

サイドには、たっぷりすぎるエビとセロリが添えられています。

 

もう一つ中華メニューからラム肉のグリルです。

これは、「おすすめ」と書かれているメニューで有名シェフ監修だそうです。

分厚くカットされたラム肉のグリルに、フライドポテトと蒸し野菜が添えられた一品。

ラム肉はハーブで下味がしっかりとついていて、臭みもありません。

▶︎ラム肉の匂いを抑える方法・簡単レシピはこれ!

 

味付けは、牛肉のメインと反対にかなり薄味です。

ラム肉の量もたっぷりで、食べ応えのあるメインでした。

エアチャイナ・ビジネスクラス機内食のデザート

フルーツ盛り合わせ

チョコレートケーキ

チーズ盛り合わせ

なぜかよくわかりませんが、デザート3種類すべて持ってきてくれました。

(私がよく食べるとわかっていたのかも?笑)

フルーツはフレッシュ感はありません。チョコレートケーキもスーパーで売っているレベルの味。

ですが、チーズ盛り合わせは美味しくて満足です。

カマンベール・ハードタイプのチーズ・ナッツ・ラズベリーの盛り合わせになっています。

チーズの量が結構多くて、食後に食べきれる量ではありません。

と言いつつも、赤ワインと一緒にいつのまにか全部食べていました。(笑)

エアチャイナ・ビジネスクラスの機内食は量がすごい。

先ほどの1食目(夕食)からあまり時間を空けずに、朝食です。

エアチャイナ機内食の朝食メニュー

  • 『中華』おかゆorヌードルorワンタンスープ
  • 『洋食』オムレツ

洋食のオムレツを選びました。

オムレツは、ポテト・マッシュルーム・チーズがたっぷり入っています。

ほうれん草のソテー、ハッシュドポテト、ベーコンが一緒に添えられたボリュームある一品です。

このオムレツは、中のチーズがトロトロでとても美味しかったです。

クロワッサンは、パサパサで美味しくありません。

フルーツの盛り合わせは、冬の季節には珍しくイチジクがありました。

スポンサーリンク

まとめ エアチャイナ・ビジネスクラス機内食は当たり外れがある。

約9時間のフライトで、2回の食事はかなり多めに感じました。

(エアチャイナに限らずどの航空会社もビジネスクラスになると、ボリュームがすごくなるようですが。)

エアチャイナの機内食は、搭乗する便によりかなり味に差があると感じます。

この記事で紹介したものは、美味しい方の機内食。

ですが、帰りの便でいただいたエアチャイナ機内食の和食は、美味しくない。

というように、便により食事のレベルは違う印象です。

とはいっても、不味すぎて食べられないというものは一切無く、思っていたより美味しかったものが多かった印象です。

特にチーズ盛り合わせは量もたっぷり味も美味しかったのでおすすめです。

補足
エアチャイナ機内食の中華メニューは、味付けが濃くてヘビーなものが多い印象でした。

脂っこいものが苦手な方は、洋食スタイルを選ぶ方がいいと思います。

座席も、フルフラットでストレスなく長距離フライトを過ごすことができました。

ヨーロッパに行く時には、他の航空会社よりも安く利用できるエアチャイナのビジネスクラスはおすすめですよ。

合わせて読みたいエアチャイナ・ビジネスクラス搭乗記

エアチャイナビジネスクラスの機内食<北京〜パリ>

2018.01.09

エアチャイナビジネスクラスの機内食はまずい?

2018.01.09

中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスシート

2018.01.09

エアチャイナ(中国国際航空)ビジネスクラスでヨーロッパへ。

2018.01.09

関空サクララウンジの名物カレーは家庭的な味でした。

2018.01.08

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です