メルボルンでピザならイタリア人が焼くD.O.Cがおすすめ!

メルボルンで美味しいピザが食べたい時は、絶対にここ!というくらいおすすめなレストランがD.O.C

イタリアからの移民が多いメルボルンは、かなり本格的で美味しいイタリア料理が食べられます。

今日はイタリア人シェフがおすすめする、メルボルンで一番美味しいピザを紹介します。

スポンサーリンク

メルボルンでピザを食べるならD.O.Cがおすすめ

こんにちは、メルボルン大好きっ子AKKOです。

今日は、メルボルンにあるイタリア人も認める美味しいピザが食べられるレストランに行ってきました。

そのお店は、【D.O.C Albert Park】です。

イタリア人シェフの友達が「メルボルンでイタリアのピザを食べるなら、ここ!」と教えてくれたお店です。

ピザを作る小麦粉・オリーブオイル・塩などはすべてイタリアから空輸しているこだわりっぷり。

食に対しての情熱が半端なく強いイタリア人がおすすめするピザのお店なので、味は保証済みです。

イタリアの朝食はビスケットが定番

2017.07.20

 

D.O.Cの口コミbyイタリア人

「D.O.C Albert Parkで食べるピザはイタリアと同じ味だね」

「僕は母国の味が恋しくなったら「D.O.C」に駆け込むんだ」

「D.O.C?もちろん知っているよ。あの美味しいピザのお店でしょ」

メルボルンに住むイタリアの友人が口を揃えておすすめするお店が「D.O.C」なんです。

【D.O.C Albert Park】は、シティからトラムで20分程度で行くことができ、South Melbourne Beachの直ぐ近くにあるお店です。

スポンサーリンク

メルボルンで一番美味しいピザに感動しました。

ピザを頂く前に、まずアンティパスト(前菜)を注文しました。

D.O.Cに来たら必ず頼むべき、この前菜盛り合わせ。

プロシュート・チーズ・オリーブ数種・メロンなど盛りだくさんの内容がボードに乗ってやってきます。

内容はその日によって変わるみたいですがプロシュートやチーズは定番。

このプロシュートが、すっごく美味しいんです。

『これが本当においしい生ハムなんだ!』といわんばかりに、今まで日本で食べていた生ハムというのは「偽・生ハム」に感じました。

塩に頼らず素材の豚肉そのものに旨みがあるプロシュート。

「塩辛い」なんて無縁で、噛めば噛むほど豚肉本来の旨味を感じ、脂の甘みも美味しいプロシュート。

今までだと生ハム(プロシュート)は塩分が強くて少量しか食べられないというイメージでしたが、本当のプロシュートはいくらでも食べれちゃうような美味しさでした。

ピザは間違いない美味しさです。

前菜を食べたあとは、ピザです。

トマトソース・バジル・モッツァレラ・エビが乗っています。

トマトソースが、トマトの味が濃くてすごく美味しい。

変に甘みを加えたりしていないフレッシュでトマト本来の味を生かしているトマトソース。

そして大きいサイズのプリップリのエビは贅沢にも6尾。エビ好きにはたまりません。

それにいい香りのバジルとミルキーなモッツアレラ。

具材のボリュームは、大満足でした。

でも一番感動したのは「生地の美味しさ」です。

これが、本当のピザの味なんだなと感じた瞬間でした。外側はかりっと香ばしくは中央は薄い生地にもかかわらずモチモチしています。

普段ピザの耳はあまり好きじゃないのですが、生地だけでも美味しいこちらのピザはひとかけらも残すことなく食べちゃいました。

 

すぐに2回目行っちゃった。

美味しくてかなり気に入ったので別の日にすぐ再訪

ピザの定番マルゲリータを食べました。

『トマトソース・モッツアレラ・バジル』という超シンプルな材料のみで、素材の味をしっかり味わえ1回目のピザより美味しく感じました。

ぜひD.O.Cに来たら、まずはシンプルなマルゲリータを食べるのがおすすめです。

デザートのティラミスもおすすめ

アンティパスト・ピザで大満足ですが、やっぱりデザートも欠かせません。

ということで、選んだのはイタリアンスイーツの代表「ティラミス」です。

マスカルポーネチーズは甘すぎず、エスプレッソのほろ苦さと相性抜群。

結構お腹がいっぱいだったのに、美味しくてあっという間に完食でした。

最初のアンティパストから最後のデザートまで常に大感激の味でした。

デザートは他にも、ホワイトチョコ・ストロベリー・バニラアイスが乗ったボリューム満点のデザートピザがあったり。

甘党さんにはティラミスよりもデザートピザがオススメ!

(ピザの後に更にピザとなるとかなりボリュームがすごそうだけど・・)

イタリア人はピザは一人一枚が当たり前。

ピザ一枚のサイズは結構な大きさ。(日本の宅配ピザのMサイズくらいかな?)

なのですが、生地自体は薄く軽いので見た目ほど重たくありません。

男性はもちろん女性もペロリと食べれそうな感じ。

となりの女性3人組のお客さんは全員1人1枚オーダーし完食していました。

とはいえ、日本人の私たちにとっては、前菜盛り合わせも食べているので2人で1枚がちょうどいい量でした。

日本人女性だと2人で1枚をシェアがいいかもしれません。(デザートを食べる予定なら尚更!)

 

スポンサーリンク

【D.O.C 】はシティ周辺に3店舗あります

そんな美味しいピザが食べられる【D.O.C】のお店はメルボルン CBD周辺に3店舗。

1【DOC Pizza&Mozzarella Bar Albert Park】(zomato

私が訪問したSouth Melbourne Beachの近くにあり、ローカルのお客さんが多いお店。

平日はLygon Streetにあるお店よりかは、比較的空いていますが週末はかなり混み合っています。

2【DOC Pizza&Mozzarella Bar Carlton】(zomato)

Carltonという高級住宅街エリアにある店舗。

イタリア人街と言われいてる「Lygon Street」の近くにあります。

こちらの店舗は、CBD内から歩いていけるアクセスの良さや、旅行ガイドの雑誌などにも多く掲載されているので、観光客も多く平日・休日に関わらず混んでいることが多いです。

3【DOC Espresso Carlton】(zomato)

こちらもCarltonにある店舗。ここはピザがメインの上2店舗とは違い、パスタがメインのお店。

ここのパスタもピザ同様、かなりの美味しさ。(後日記事をup予定)

またカフェとしても使えるので、エスプレッソだけ飲みに来る常連さんもたくさん。

ブルスケッタやパニーニ、他にも焼き菓子などメニューのラインナップが豊富。

朝7時から空いているので、モーニング・ブランチ・カフェなど場面を選ばす利用できます。

ワインなどアルコールも各種取り揃えているので食事前の軽く1杯にもおすすめ。

他に、デリカテッセン(テイクアウト)の店舗(zomato)もあります。

こちらの店舗は【DOC Pizza&Mozzarella Bar Carlton】の隣にあるので食事をした後に何かイタリア食材をお買い物なんて使い方も。

そこではあの美味しいプロシュートが量り売りで販売していたり、イタリアの食材パスタ・ワイン・オリーブ・チーズ・お菓子などたくさんのイタリアの食品を買い揃えることが出来ます。

チーズやオリーブ、プロシュートなどは量り売りなので、自分の欲しい量だけ買えるところも魅力的。

私も実際に、あの感激したプロシュートを後日購入しお家でサンドウィッチに。

一人分だしそんなにたくさんは要らなかったので、「ランチのサンドウィッチ用に欲しい」と伝えると「3スライスくらいでいいかな?」と少量でも快く販売してくれました。

メルボルンでイタリアの雰囲気を楽しむ。

メルボルンはカフェ文化が盛んで、観光の一つにもなっています。

そんなカフェ文化を持ち込んだのはイタリアからの移民と言われています。

イタリア人がエスプレッソマシーンを使って作るカプチーノやラテの技術が大きく影響していると言われています。(諸説あり)

▶︎メルボルンのローカル&有名カフェおすすめ4選

 

そんなイタリア移民が多いメルボルンには通称「イタリア人街」と言われているエリアが存在します。

それが「Lygon Street」という通りのエリア。

「Lygon Street」にはたくさんのイタリア料理のお店があり多くのお客さんでいつも賑わっています。

いつも行列を作るジェラート専門店がおすすめです。ジェラート片手にぶらりと散歩するのも楽しいですよ。

まとめ

今日はメルボルンで美味しいピザが食べられる本格イタリアンレストランのお店を紹介しました。

ピザはもちろん、アンティパストもぜひ食べてほしい料理です。

日本で食べる生ハムとは一味も二味も違う、本当に美味しいプロシュートが楽しめます。

また働いているスタッフは、みんなイタリア人でとってもフレンドリーで陽気です。

まるでイタリアに来た気分になれるメルボルンのイタリアレストランでした。

▶︎【まとめ】メルボルンのおすすめグルメ情報

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にもメルボルンの美味しい情報を発信中です。

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です