枝豆は低糖質な高タンパクの優秀食材です。

夏になると、毎年枝豆を食べまくるAKKOです。

好きすぎて朝から枝豆を食べることもよくあります。本当に食べ出すと止まらないくらい大好きな枝豆。

お酒好き、特にビールが好きな人にとっては枝豆は最高のおつまみではありませんか?

そんな美味しい旬の食べ物「枝豆」ですが、美味しいだけじゃなく栄養バランスもいいのが魅力的。

ダイエット中や美容にもいい食材なんですよ。

 

スポンサーリンク

枝豆の栄養・カロリーは?

まずはそんな美味しい栄養満点の「枝豆」の気になるカロリーをまずはチェック。

可食部100gの場合
  • カロリー 135kcal
  • タンパク質 11.7g
  • 脂質 6.2g
  • 炭水化物 8.8g
  • 食物繊維 5g
  • 糖質 3.8g

こうやってみてみると、カロリー・糖質が低く、食物繊維が豊富なことがわかりますね。

一般的にスーパーで袋に詰められて売られているのは、1袋200g。

枝豆の廃棄率は約50%なので、1袋全部食べても150kcal以下という計算に。

間食として一袋を一気に食べたとしても、150kcalで収められるので優秀なスナックになりますよね。

(私はしょっちゅう小腹が空いたときにも枝豆パクパク食べています。)

実際に今日私が食べた枝豆の殻たち。

(なんで殻やねん!って言わないでね。笑)

1パック200g入りだったので、こんなに食べてもたった135kcal。

そして食べ終わった時はお腹いっぱい。(当たり前か・・)

しっかり空腹も、食欲も満たされました。

ちなみに、200gの枝豆をしっかり噛むことを意識しながら食べたら30分以上かかりました。

<ポイント!>ゆっくり食べることが大切

食事の時に、ゆっくり時間をかけ咀嚼して食べることは、消化促進効果があり胃腸への負担を軽くしてくれます

更に、脳にもしっかりと「食べた」という指令が出るので、心と体のどちらでも満足感を感じます。

なので、私も今日は夕食まで自然と間食なしでした。(そう、この枝豆はランチとして食べたのです笑)

私は夜にお酒のおつまみとして食べるよりも、ランチとかに食べることの方が多いかも。

枝豆なんて、食事の一品になんかならないだろ〜(´・Д・)」ってよく言われますが。

枝豆が好きすぎて、一品や小鉢という位置付けじゃなくてメインとして食べたいので普通に『今日のランチは枝豆』ってことよくあります。笑

ということで、好きすぎるが上に結果「1食枝豆置き換えダイエット」みたいな感じになってしまったりすることも。笑

たまに、ちょこっとワンプレートによそってみたりも。

枝豆の栄養は?

枝豆はダイエット中にぴったりの食材と言いましたが、その理由はこの2つ。

  • 植物性タンパク質が豊富
  • 糖質が低い
*植物性タンパク質について

枝豆1袋(200g入り)を食べると約11gのタンパク質が摂れます。

卵が2つで12gなのでほぼ同量のタンパク質を摂れることになりますね。だからと言って、「枝豆ばかり食べておけばいい』というわけではないので注意です。

重要なのは『植物性たんぱく質』と『動物性たんぱく質』とでは吸収率や栄養に違いがあるということ。

人間は動物なので、同じ『動物性たんぱく質』から栄養をとることはとても重要。

植物性たんぱく質には含まれていない必須アミノ酸など、私たち人間が自分の体内では作られない成分を含んでいるのが『動物性たんぱく質』なんです。

もちろん植物性タンパク質が悪いというわけではないので、ある程度のたんぱく質は植物性のものから摂るのは問題ないのですが、偏りすぎないように気をつけることが大切です。

(昔の私みたいに)野菜ばっかり食べてお肉を避ける生活をしていると必然的に植物性たんぱく質に偏ってしまい、バランスが悪く体に不調が起こる場合もあります。

なんでもバランスよく食べるのが大事なんですね。

*糖質が低い

枝豆は可食部100gに含まれる糖質は3.8g

これはかなり低い食材の仲間に入ります。

糖質制限ダイエットをしている人には、ありがたい食材のひとつですね

。私も厳しい糖質制限はしていないけど、なるべく『糖質を控えてタンパク質を摂る』ということを意識しながら食事をしています。

枝豆は「糖質を控える・避けている」『糖質選択』をしている人にとっても役立つ食材のひとつ。

『ハイボールと枝豆』の組み合わせは糖質制限ダイエットをしている人にはおすすめです。

私が枝豆を食べる理由って?

カロリーや栄養なども気になりはするし、少しは気にするけどやっぱり『美味しいもの』を食べることが私には一番!

『食事は楽しみながらすること』を大切にしています。

そして、それが健康にも一番いいと思っています。(もちろんジャンクフードや、油っこいものばかりは禁物ですが)

枝豆はカロリーも低いし、栄養面でも高タンパク低糖質な食材。

なので、ネット上では『枝豆ダイエット』なんて記事もよく見かけたりします。

が、私の場合は「ダイエット・痩せるために枝豆を食べる」のではなく『美味しいから食べる』という意味で食べています。(が、結果的にダイエット・減量に繋がりました。)

極端な単品ダイエットやカロリー制限は、一時的には痩せてもリバウンドしやすく何よりも体に負担をかけてしまいます。

なので『枝豆だけ食べる』なんてダイエットはおすすめできません。

前述した通り、「バランスよく食べること」が健康的な食事の基本。

そしてダイエットやカロリー制限で、ストレスを溜めることは絶対に良くありません。

心身ともに、なんらかの不調をもたらす可能性が大きくなります。

なので、上手に枝豆を日々の食事に取り入れてカロリー・栄養バランスをとることがおすすめです。

ちなみに私の一番好きな枝豆の食べ方は、ド・定番のシンプルな塩茹で。

枝豆の素材の味をより味わう為に私は塩少なめのお湯で茹でる薄めの味付けです。

はい、いつでもシンプル調理(=手抜き調理)です。なのでたまに、スーパーのお惣菜コーナーにある塩茹で済みの枝豆を食べると塩味の強さに悲しくなる。(なら、買うなよって?たまに半額シールが貼ってあると飛びついちゃうの。笑)

調理済みの枝豆や、冷凍枝豆は私の舌には少し濃いめに感じることが多い中・・この前食べた「きんのぶた」の『茹でたて枝付き枝豆』はかなり美味しかった

きんのぶたに行かれる方はぜひ食べてみてくださいね!

旬で新鮮なこだわりの枝豆を買うなら楽天がおすすめだと思います

枝豆を使ったスナックやお菓子たちって意外にあるんですね

ちなみに枝豆が大好きな私はスナック菓子で枝豆味とか見ると気になっちゃう。

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です