フィレンツェのパニーニ「All’ Antico Vinaio」がおすすめすぎる。

イタリア・フィレンツェ旅行に来たら絶対に食べてほしいパニーニがあります。

それが、「All’ Antico Vinaio」という地元っ子にも人気のパニーニ店。

かなり大きくてボリュームがあるパニーニは、本場の味そのもの。

これを食べなきゃフィレンツェ旅は終われない?というと大げさですがそれくらい美味しいパニーニです。

スポンサーリンク

フィレンツェのパニーニならAll’ Antico Vinaioで決まり

イタリア料理といえばピザやパスタについつい目を向けがちですが、忘れていけないのがパニーニ。

パニーニとは?

イタリア流、パンで具材を挟んだサンドイッチのこと。

バールやカフェなどで食べられるのはもちろん、スーパーにもパニーニのコーナーがあります。

イタリアの人たちは主に軽食としてパニーニを食べることが多く、ブランチやランチによく食べます。

中の具材は、お店によって様々ですが定番はトマト・モッツァレラチーズ・生ハムなどイタリアならではの食材が使われます。

そんなイタリアに来たら、絶対食べておきたい名物料理のパニーニ。

イタリア人の友達が「フィレンツェ行くなら絶対に食べてね!」教えてくれたのがフィレンツェのパニーニ超人気店All’ Antico Vinaio。

地元の人たちからも観光客からも愛される1991年創業のお店に行ってきました。

 

All’ Antico Vinaioのパニーニはイタリア人が認める美味しさ。

フィレンツェに来たらぜひともAll’ antico Vinaioのパニーニは食べてください。

自称パンマニアの私が、衝撃的に感動したフィレンツェおすすめグルメの一つ。

それが、ここのパニーニです。

  • とにかくパンが最高に美味しい
  • 中の具材がびっくりするくらい多い
  • 大きいサイズでボリューム満点
  • なのに安い

日本人には1人1つ食べるとかなりお腹いっぱいになるサイズなのでシェアがおすすめ。

お腹ぺこぺこでも1つ食べきるのは中々難しいくらいの大きさとボリュームでした。

(イタリア人は1人で1つ余裕で食べるらしいけど。)

観光客だけでなく、地元の人からも大人気の大好きなAll’ Antico Vinaioはランチタイムになるとお客さんが殺到。

かなり長い行列ができています。

常連らしき方と店主が楽しそうに話している場面も目にすることができました。

スポンサーリンク

フィレンツェのパニーニ店「All’ Antico Vinaio」の行き方は?

 

All’ Antico Vinaioは、フィレンツェの主要駅であるフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から歩いて10〜15分くらいです。

近くの観光名所「ポンデ・ヴェッキオ」に行く途中にも立ち寄れる場所にありますよ。

補足

フィレンツェは、ローマに比べるとかなり小さい街。

主要な観光どころがぎゅっと詰まっているので2日もあれば十分楽しめます。

All’ Antico Vinaioの大きすぎるパニーニにびっくり

写真で見るよりはるかに大きいサイズのパニーニです。

『おやつ代わりにここのパニーニをよく食べるんだ』と話していた友人。

軽食や軽めのランチと思って買いに行くと、夜ご飯が食べられなくなります。

 

私が食べたのは人気メニューの中からLA SUMMER SANDWICHというパニーニ。

  • プロシュート
  • モッツァレラ
  • トマト
  • バジル

この4つの具材からできたシンプルなパニーニです。

プロシュートがびっくりするくらいたっぷり入っていて、塩気は結構きつめなのですが美味しい。

その塩気が、さらにモッツァレラのミルキーさとトマトの甘みの引き立て役になっています。

そして何と言ってもこの具材を挟むパンがすっごく美味しいんです。

パンだけでも永遠に食べられると思えるほどの感動的な美味しさでした。

ただ前述しているようにかなりの大きさなので女性や少食の人には、完食は難しい量です。

中の具材もイタリア流にたっぷりなので、1個食べきるとおやつや軽食どころか立派な夕食にもなりそうなくらい。

こんな大きいパニーニを軽食として食べるイタリア人たちは、日本のサンドイッチを見てどう思うんでしょう。笑

並んでいる間にメニューを決めておきましょう。

平日の2時過ぎですが、長い行列ができているAll’ Antico Vinaio。

ここで覚えておいて欲しいのが、一本の通りを挟んで両側に2つ店舗があるということ。

どちらのお店もAll’ Antico Vinaioなので、どっちに並んでも大丈夫ですよ。

なので、行列がある場合は少ない方に並びましょう。

自分の順番が近づいてくると、壁に貼られた人気ナンバー5のメニューを見ることができます。

All’ Antico Vinaioは他にもたくさんメニューの種類があるのですが、初めての方やイタリア語に自信のない方はこの5つの中から選ぶのが簡単でおすすめです。

メニュー表記はイタリア語。なので、どれがどんなパニーニか正直ほとんどわかりませんでした。

これから行かれる方には、そうならない為にも人気メニュー5つの内容を日本語にしてみました。

All’ Antico Vinaioの人気メニュー5つを日本語訳!

⒈ LA FAVOLOSA

トスカーナのサラミ、ペコリーノチーズ、アンティチョーク、ナスのグリル

⒉ LA SUMMER SANDWICH(これを食べました。)

プロシュート、モッツァレラチーズ、トマト、バジル

⒊ LA SCHIACCIATA DEL BOSS

プロシュート、ペコリーノチーズ、トリュフペースト

⒋ LA DANTE

豚の首肉、フレッシュチーズ、トリュフペースト、ルッコラ

⒌ L’INFERNO

プロチェッタ、チリペッパー、グリル野菜、ルッコラ

独自で調べてみたので100%ではありませんが、少しでも参考になれればと思います。

スポンサーリンク

自分の順番が来たら大声で注文しましょう。

自分が注文する時がきたらとりあえず大きな声で注文してください。

休むことなくパニーニを作っている厨房内はとても慌ただしく小さな声だと、店員さんに伝わりません。

イタリア語はローマ字読みで大体通じるので

「食べたいメニュー+per favore(ペルファヴォーレ)」と注文。

注文が通ればすぐに手際よくパニーニをその場で作ってくれます。

この時の店員さんの、スピード感溢れるパニーニ作りも見ものの一つ。

自分が注文したパニーニができて渡されるとそのままレジへ進んでお会計です。

店内の奥には、ワインも飲めてイートインスペースが用意されています。

が、結構混雑していて狭いので私はフィレンツェの名物ポンデ・ヴェッキオ方面に向かう川岸でいただきました。

少し歩けばこの景色。

本当に美しくて素敵な街、フィレンツェでした。

まとめ

イタリアのフィレンツェで食べた絶品パニーニは忘れられない美味しさでした。

ぜひ、フィレンツェに来た時にはAll’ Antico Vinaioのパニーニを食べてみてくださいね。

以上、イタリア人が教えるフィレンツェのおいしいパニーニでした。

▼ほかにも世界の食べ物レポしてます▼

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です