イタリアの朝食はビスケット?甘い物が定番のイタリア人。

イタリアの朝食は、甘いものが定番です。

akko
ねぇ、イタリア人って朝からピザ食べてるの?

よく食べるイタリア人も、さすがに朝からたくさん食べません。

イタリアの朝食はビスケットが定番です。

日本の朝食は、ご飯に魚や卵焼きが昔ながらの定番ですよね。

(最近ではパン派の家庭も多くなってきていますが。)

 

それに比べ、イタリア人は朝食には甘いものしか食べません。

日本人のように朝から塩味のものなんて、ありえないんだとか。

国が違えば、朝食も違う。

今日はイタリア人は一体朝食に何を食べているの?

ってことについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イタリア人の朝食はビスケットが定番?

わたし
イタリア人って朝食に何食べてるの?

イタリアには美味しい食べ物がたくさんあるけど、朝食はどんなもの食べるんだろう。

パニーニ?ピザ?パスタ?

疑問に思った事は、すぐに聞こう!ということでイタリア人のお友達に聞いてみました。

イタリアボーイ
朝食はカプチーノとビスケットだよ。

「それだけ??」って感じですよね。

日本人よりはるかによく食べるイメージのイタリア人は、朝はかなり少食なようです。

わたし
ビスケットってあの甘いおやつに食べるビスケット?

▼こんな感じのビスケット?▼

なんてシンプル!!というかこれ、日本だと完全に3時のおやつに食べるもので決して朝食ではありませんよね。

日本の一般的な朝食の『ご飯・味噌汁・納豆』からはかけ離れたイタリアの朝食にびっくりです。

スポンサーリンク

イタリア人は朝食はあまり食べない

イタリア人の朝食は、かなりシンプルで少なめです。

イタリアの夕食はかなり遅め(9時スタートも普通!)なので、その分朝は軽く済ませるそうです。

たしかに、夜遅くまで食事をしていたら翌朝はそんなにお腹減らないですよね。

(特にピザやパスタなどをガッツリ食べていると余計だと思う。)

ということで、イタリアの朝食は、エスプレッソまたはカプチーノとビスケットが定番です。

これは、家で朝食を食べる場合。

外に出てバールなどで朝食を食べる時は、コルネットというクロワッサンのようなパンが定番です。

どちらにしても、イタリアの朝食は軽めに済ませるのが一般的なようです。

 

実際にイタリアの朝食はこんな感じです。

Federica C.さん(@fedeca88)がシェアした投稿

Federica C.さん(@fedeca88)がシェアした投稿


本当に「カプチーノとビスケット」のみの朝食。

とはいえ、ビスケットを食べる量は結構多めな気も・・。

ここで、思ったのが

イタリアの朝食ってめっちゃ簡単に用意できるじゃん!笑

用意するというか、ただ袋からビスケット出すだけですよね。

卵焼いて〜ご飯炊いて〜魚焼いて〜って日本のように朝からバタバタしないのがイタリア式朝食のようです。

(ちなみにフランス人も朝は甘いものが定番だそうですよ。)

ということで、イタリア人おすすめのビスケットを聞いてみました。

イタリア人おすすめのビスケット

日本のものならマリーがお気に入りらしい。

▼パスタで有名なバリラのビスケットもおすすめ▼

▼関連記事▼
スポンサーリンク

イタリアのバールで朝食なら「コルネット」が定番です。

イタリア人は、毎朝仕事や学校前にお気に入りのバールに立ち寄るのがお決まり。

なので、ほとんどのバールは早朝から営業しています。

そこで、食べられるイタリア定番の朝食がコルネットです。

▲私がイタリアのバールで実際に食べた絶品コルネットです▲

このコルネット、見た目はフランスのクロワッサンにそっくりですよね。

というか、イタリア版クロワッサンです。

コルネットとは?

フランスのクロワッサン似た三日月型のパンの一つ。

コルネットの定番は、ジャムやクリーム、イタリアの定番スプレッド ヌテラ などが中に詰まったもの。

中に何も入っていないプレーンも、もちろんあります。

イタリアのカフェ(バール)に行けば、どこにでもある定番ペストリー。

 

イタリア人の間では、クロワッサンとコルネットは別物だ!という意見と、いやいやクロワッサンと一緒だよ!という意見に分かれていました。

実際のところ、コルネットを食べた感想として、フランスのクロワッサンに比べてあっさりとしていました。

他にも、コルネットがクロワッサンと違うところは、中身です。

イタリア人は、甘いものが大好き。なので、コルネットの中に ヌテラ やカスタード、ジャムなどが入っているのが多いんです。

バールによっては、生クリームが入ったコルネットも売っていました。

どれもしっかり甘くて朝の糖分補給に持ってこいといった感じですね。

コルネットの絶対条件?

食に熱いイタリア人曰く、外はパリっと中はしっとりしているのが美味しいコルネットの見分け方。

なので、コルネットは家で食べるというよりかは、焼きたてを求めてバールに行って食べるのが基本だそうです。

その分、お家で朝食の場合はビスケットということですね・

 

ということでイタリアの朝食は、

  • 家で食べるならビスケット
  • バールで食べるならコルネット

が定番です。

イタリアの夕食は遅いから朝はお腹が減らない。

イタリアの夕食時間はなんと夜8〜9時くらいから始まるのが一般的です。

(レストランも、開店時間が19時〜のところが多かったです。)

8時から食事を始めて夜11時頃まで食べて飲んでをしていたら、翌朝になってもお腹はあまり減っていませんよね。

じゃ、とりあえずエスプレッソとビスケットでいいや。って感じになるんですね。

ビスケットも食べずに、エスプレッソだけで済ませる人も結構多いようです。

その後ちゃんと食べてますよ。
朝は食べない、もしくはビスケットだけと言っても、イタリアではランチ前に軽食を食べる習慣があります。

朝食と昼食の間に、軽食。昼食と夕食の間にまた軽食(アペリティーボと呼ばれるもの)をとるのが基本。

食べるものは、人それぞれですがパニーニは軽食としてよく食べられています。

これなら朝は食べなくても、ランチまでお腹が減ってしまう事もなさそうですよね。

 

日本の朝食にイタリア人が驚いた

イタリア人の朝食は「甘いもの」でスタートということはお分かりいただけたかと思います。

日本人は反対で、焼き魚やお味噌汁など朝は「塩味」のものが定番ですよね。

そんな日本人からすると「朝食にビスケットやクッキー」はちょっと抵抗ありませんか?

「朝からそんな甘いもの食べれない」と感じる人も多いはず。

(最近は菓子パンで朝ごはん済ます人も多いですけどね。)

その反面、イタリア人からすると日本人のように朝から焼き魚や味噌汁などの塩味のものを食べるのは考えられないんだそう。

イタリアボーイ
朝からご飯なんて、重たすぎて食べられないよ。

イタリア人からすると、朝から塩味のおかずやご飯はかなりヘビーだそうです。

さらに、日本のTHE朝食的な写真を送ってみました\(^o^)/

▼こんな感じのもの▼

すると、かなりびっくりした様子。

イタリアボーイ
朝からこんなに作るのかい?こんないっぱい食べられないよ。

と返信が返ってきました。

 

たしかに朝からここまでしっかり作るのは、日本人でも面倒臭い。笑

ビスケットだけに慣れている彼らにとっては、もっと面倒臭いであろうかと思います。笑

まとめ「イタリアの朝食は簡単に済ませるのが基本」

イタリアの朝食は、基本的にビスケットで済ませる簡単なものでした。

とりあえず、

『イタリア人の朝は甘いものから始まる』

ということがお分かりいただけたかと思います。

中には、朝からシュークリームを食べるなんて意見も飛んできました。

(ま、甘いものが好きな人なら全然食べれますよね。)

イタリア式の朝食なら忙しい朝もバタバタすることが、なくなりそう。

▼忙しい朝にぴったり!ヘルシーな朝食▼

ライスケーキの美味しい食べ方とは?ダイエット中にもおすすめ食品。

2018.02.21

オーバーナイトオーツの作り方|簡単でダイエット中にもおすすめです。

2017.08.18

 

国が違えば、朝食も違うことが分かり、次回はまた違う国の朝食について紹介したいと思います。

▼イスラエルの朝食は卵料理「シャクシュカ」▼

シャクシュカとはイスラエルの卵料理。健康的で美味しかった。

2017.07.12

 

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です