ベジタリアン料理ファラフェルをメルボルンで食す。

ベジタリアン仕様でヘルシー、でもしっかりと食べ応えがあるファラフェル。

日本ではじわじわと注目を集めてきていますが、海外ではすでに大人気。

特に、ベジタリアンの人たちの中ではよく食べられています。

そんなファラフェルをオーストラリア・メルボルンで食べてきました。

スポンサーリンク

ファラフェルとは?

中東料理のファラフェルを知っていますか?

ひよこ豆やそら豆を潰しペースト状にしたものに、パセリやコリアンダーなどのスパイス・ハーブを加え丸めて揚げたものです。

国や地域によって使用する豆や香辛料が変わるのも特徴。

主に中東(イスラエルやトルコなど)でよく食べられていて、日本のコロッケに近い食べ物。

ファラフェルの主原材料である豆は、ベジタリアンの人にとって肉や魚の代わりとしてタンパク質補給にかかせない栄養源になっています。

スポンサーリンク

メルボルンでファラフェル

ファラフェルは、今オーストラリアで大人気。

というのも、オーストラリアではベジタリアン・ビーガンに転向する人が急増中。

そのため、ベジタリアン料理のみのレストランなんかもあったりするほど。

メルボルンにある、ビクトリアマーケットでは出来立て手作りのファラフェルを量り売りで買うことも出来ます。

写真は、メルボルンにある「A1 Bakery」という中東料理のお店で食べたファレフェルプレート。

写真左上からファラフェル4つ。下には薄いピタパンがたっぷり5枚ほど。

右上の小皿に入っているのは甘みが一切ない酸味が強いヨーグルト。

プレートの下半分は、塩味がしっかりと効いたピクルス3種とレタスがたっぷり。

このプレートの食べ方は、お好みで具材をピタパンに食べていただきます。

※もちろん、各具材ごとに別々に食べても美味しいのでおすすめ

日本ではあまり食べることができないお料理。

エスニック料理や、スパイシーな少し変わった料理が好きな人は絶対好きなはず。

外側がカリっと揚げられたファラフェル。中はひよこ豆のホクホク感、スパイスの効いたエスニックな味付けです。

中東ではヨーグルトソースをよく食べています。

ファラフェルは揚げ物ですが、このソースと食べることでさっぱりいただけます。

食べる前は、ベジタリアンメニューだしお腹いっぱいにならなさそうと思っていたファラフェル。

豆が原料なだけにずっしりお腹にたまりお腹いっぱいになりました。

スポンサーリンク

ファラフェルは簡単に作れる

自分でもファラフェルが作ってみたい、食べてみたいという方には、クッキングキットも売っています。

あらかじめ材料が配合されているので失敗なく美味しいファラフェルが食べられます。

ファラフェルのまとめ

豆から出来た中東料理ファラフェルは、ベジタリアンの人から人気の食べ物。

豆のホクホク感とスパイス・ハーブの味付けが病みつきになる美味しさ。

ピタパンに野菜と挟んでランチにも、ビールのおつまみにも合いますよ。

メルボルンのグルメ情報は他にもたくさん紹介しているので是非合わせてご覧ください。

<メルボルンおすすめグルメ>節約中に嬉しいベジタリアンレストランに行ってみた。

2017.09.17

メルボルンでベトナム料理フォーのおすすめ店を紹介します。

2017.08.17

クイーンビクトリアマーケットで食事におすすめの店

2017.08.08

メルボルンで安くて美味しい韓国料理でランチです。

2017.07.24

メルボルンのチャイナタウンで小籠包(おすすめ)

2017.06.20

オーストラリアで絶対食べて!ハラル・スナック・パックが激ウマ。

2017.06.12

紹介したお店情報はこちら

店名 A1 Bakery Brunswick

住所 643-645 Sydney Road, Brunswick, Melbourne

zomatoページ

Brunswickというエリアにあり、メルボルンCBDからトラムで20分ほどで行けました。

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です