エチオピア料理のインジェラが美味しかった!

エチオピア料理と聞いても、すぐに思い浮かぶ人って少ないと思うんですが、あなたはご存知ですか?

あの不味いと言われているインジェラはエチオピアの主食です。

というか、「インジェラって何??」と思われた方もいますよね。

今日はオーストラリア・メルボルンで食べた美味しいエチオピア料理を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エチオピア料理インジェラを初体験してきました。

メルボルンでは、日本でまだ馴染みのない国の料理でも手軽に本格的な味が楽しめる街。

ということで、今日はちょっと珍しい『エチオピア料理』に初挑戦してきました。

エチオピア料理と聞いても、全くどんな食べ物か想像がつきませんよね。

では、まず初めにエチオピア料理について説明していきましょう。

スポンサーリンク

エチオピア料理とは?

エチオピアは東アフリカに位置する国で、主食は「インジェラ」という穀物の粉からできた酸味のあるモチモチとしたクレープのようなものが食べられる。

「インジェラ」に様々な野菜・豆のおかず、肉料理を一緒に食べるのが定番スタイルです。

日本人と同じく肉・魚・野菜・豆・穀物すべて食べるようですね。

違うのは主食の部分だけ。エチオピア人にとっての主食は、穀物からできた「インジェラ」というクレープのようなものになります。

エチオピアの主食インジェラはまずい?

画像元

インジェラの主な材料は、テフというエチオピア由来の穀物からできているんです。

このテフの注目すべき点は、食物繊維、鉄分、カルシウムを豊富に含んでいるところ。

なのでインジェラは、栄養価の高い主食として世界では知られています。

なのですが、日本人でインジェラを食べた人のブログなどを見てみると、

『まずい』『恐怖の味』『見た目が雑巾』

など、まるでオーストラリアのベジマイトと同じような感想が見られます。

確かに、インジェラは結構酸味がきつくてクセのある味なので好き嫌いが分かれると思われます。

(私の場合はとっても美味しいと思った少数派でした。)

オーストラリアの国民食ベジマイトにしても、癖のあるものが好きなんです、私。)

では、エチオピア料理がある程度わかったところで、早速メルボルンで食べたてきたものを紹介しましょう。

メルボルンでエチオピア料理@Fitzroy

今回エチオピア料理を頂いたお店は、メルボルンの若者から人気のエリアFitzroyにある『Savanna African Restaurant and Cafe』というお店。

Fitzroyにはおしゃれなルーフトップバー毎日満席!の人気ベジタリアンレストランなんかもあるオシャレな場所。

店内に入ると、女性オーナーさんが出迎えてくれました。

お店は赤を基調としたインテリアで、清潔感もあり。

初めてのエチオピア料理に何を注文しようか友達と二人で悩んでいると、2人でシェアするシェアプレートをおすすめしてくれたのでそちらをお願いしました。

注文したメニューはCONBINATION PLATTER FOR SHAREという2人、もしくは3人用に対応してくれるシャアメニューです。

その中でもVEGETARIAN  BEYAYNETU(ベジタリアン向け・野菜料理)という、お肉を使っていないものをオーダーしました。

インジェラと9種類もの野菜料理のワンプレート

待つこと少し、ついに初体験のエチオピア料理です。

たくさんのおかずの下に敷かれているのが文頭でもお話したエチオピア料理の主食インジェラです。

その上には、すべてベジタリアン仕様で作られた9種類の料理が綺麗に盛り付けられていました。

この9種類の内容はこんな感じ。

  • キャベツと玉ねぎのカレー炒め
  • ほうれん草のソテー
  • 赤レンズ豆がマイルドなチリなどで煮込まれたもの
  • レンズ豆がエチオピアンバジル・ガーリック・オニオンなどで味つけられたもの
  • えんどう豆の煮込み
  • ビーツの炒め物
  • いんげんのソテー
  • マッシュルームのソテー
  • ポテトと人参のソテー

ベジタリアンメニューなだけあって、野菜と豆から出来たものばかり。

一見、野菜ばかりだと物足りなさそうに感じますがボリュームはしっかりありますよ。

食べ方は、インジェラを適当にちぎっておかずを巻いて食べるていきます。

日本の手巻き寿しにすこ〜し近い感覚だと思います。

インジェラ、めっちゃ美味しいんだけど。

文頭でも少し述べた『評判の悪いインジェラ』の味ですが、実際に私が食べてみた感想は悪いものでなくむしろ「おいしい」と感じました。

とてももちもちしていて、スパイスを使った野菜料理との相性も抜群。

味の特徴は、ライ麦パンを食べた時に感じる酸味があります。

なので、ライ麦パンのあの独特な酸味が苦手な方は、インジェラはかなり嫌いな味だと思います。

逆にあの酸味が好きだ!(わたしは大好き)という方は、おいしいと思う事間違い無し。

補足
一緒に行った友達の場合は、

インジェラのみで食べる→まずい

野菜料理をまいて食べる→劇的に美味しくなる

だそうです。笑

エチオピア料理は「手食」が基本です。

エチオピアでは、基本的にフォークなどを使わず手を使って食べるのがスタイル。

私はインド料理くらいしか、手食で食べる国を知らなかったのでエチオピア料理も同じだと知り少しびっくりしました。

ということで、今回は店員さんのすすめもあり手食に初挑戦してみました

店員さんが「手で食べた方がより美味しく感じるよ」と勧めてくれたのに背中を押されました。)

(料理ができる前に店員さんが、手を洗うために洗面台へと案内してくれます。

 

でもね、手を使って食べるのって意外と難しいんです。

また手を口に持っていくときには、なんだか不思議な感覚になります。

手を使って食べるのって簡単そうに思えるんですが、思うように上手に食べることができないんですよ。

わたしの場合は、お箸やフォーク・ナイフを使って食べるよりもはるかに難しく感じました。

異国の料理を、その国のスタイルで頂くことができとてもいい経験になりました。

 

補足
日本でも最近ではネパール・インド料理店などで手食推進しているところが多いですよね。

しかも手食だと割引があったり!

気になる方は一度チャレンジしてみてくださいね。

 

手食ですべて食べきるのは難しかったので、途中からは普段通りナイフとフォークを貰って美味しく頂きました。

 

ぜひ、エチオピア料理を体験してみてください

日本では、まだ東京など都心に数件ほどしかない「エチオピア料理」なのですが、メルボルンには今日紹介したお店以外にも数件ありました。

さすが移民が多い街、メルボルンですよね。

そんな特徴を生かして、メルボルンではぜひ色々な国のお料理を体験してみてくださいね。

今回紹介したエチオピア料理のお店は、ベジタリアンメニューだけではなく、がっつりな肉メニューもたくさんありますよ。

なので、ベジタリアンの人にもそうでない人も一緒に利用しやすいレストラン。

スパイスを効かせたエチオピア料理は、好きな人はかなりはまる味です。

ぜひ、まずいと話題のインジェラ(本当はおいしいよ!)も試してみてくださいね。

以上、メルボルンで食べたエチオピア料理の紹介でした。

お店の情報

店名 Savanna African Restaurant and Cafe

住所 7 Johnston Street, Collingwood, Melbourne

ウェブサイト 【zomato

<シティからのアクセス>

86番のトラムに乗り、Johnston St Stop19で下車し徒歩2分です。

<周辺のおすすめグルメ情報もどうぞ>

メルボルンの若者に大人気「Vegie Bar」に行ってきました。

これがメルボルン名物!「チキンパルマ」は必食です。

300gのステーキが$16で食べられる@Rainbow Hotel

Fitzroyで今ホットなスポットはここ【Naked For Satan&Naked For Sky】

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です