オーストラリアのピーナッツバターが超おすすめ(お土産にも!)

オーストラリア旅行に行ったときには、絶対に買うべきおすすめ商品があるんです。

それが、ピーナッツバター!

日本ではなかなか手に入らない砂糖不使用・無添加の美味しいピーナッツバターは、お土産にもぴったり。

(わたしは、自分用に大量に持って帰りましたが。)

そんな私が超おすすめするオーストラリアのピーナッツバターについて紹介します。

スポンサーリンク

オーストラリアのピーナッツバターは、お土産にぴったり

ピーナッツバターが好きな人にお伝えしたい、オーストラリアの商品。

このピーナッツバターは、パン好きな人にはかなりおすすめ。

一度これを食べると、甘ったるいピーナッツバターには戻れません。

わたしは、美味しすぎて瓶から直接スプーンですくって食べてしまいます。

オーストラリアに留学するまでは、そこまで好きじゃなかったんです。

「甘ったるい」「高カロリー」「ジャンキー」というイメージが強かったのですが、オーストラリアのピーナッツバターに出会って変わりました。

豆知識

ピーナッツって「ナッツ」とつくけど、実はナッツ類に分類されないんです。

ピーナッツは、豆科の植物に分類されています。

▼ナッツ類もオーストラリアではおすすめ▼

【オーストラリアのスーパー情報】量り売りシステムが基本

2017.06.30

スポンサーリンク

砂糖不使用・無添加ピーナッツバター

日本で「ピーナッツバター」って言うとスキッピーが定番ですよね。

▼これです▼

もちろん、これはこれで甘くて美味しいんですが、オーストラリアで出会ったピーナッツバターは、別格の美味しさです。

一般的に売られているピーナッツバターは、砂糖がたっぷり他にも植物油脂などの添加物が加えられています。

なので、とっても甘いですよね。

 

でも、この記事で紹介するオーストラリアのピーナッツバターは全くの別物。

100%ピーナッツだけで作られた、完全無添加ナチュラルなピーナッツバターです。

オーストラリアのピーナッツバターは種類が豊富

画像元リンク

写真は、オーストラリアのスーパーで売られているピーナッツバターの一部です。

これを見ても分かるように日本に比べてオーストラリアではピーナッツバターの種類がかなり豊富。

砂糖不使用のもの、オーガニック、粒ありなど色んなタイプのものが売られています。

その中でもおすすめなのが、無添加のピーナッツバターです。

無添加ピーナッツバターの特徴
  • 原材料はピーナッツだけ。
  • 塩・オイル・砂糖など一切添加物なし

ピーナッツ本来の自然な甘さだけがダイレクトに感じられるなんとも言えない美味しさ。

日本で同じようなものを買おうと思うと結構なお値段します。

でも、オーストラリアでは大手スーパーColesなどで、約$5(約425円くらい)で買えました。

またスーパーのチラシをチェックしておくと、値下げされていることがよくあります。

その時はなんと半額の値段で買えちゃう時もあるんですよ。(その時を狙って大量に買いました。)

<スーパーのチラシについてはこちらをどうぞ>

【オーストラリア留学】食費を節約するために私がした4つの事

スポンサーリンク

オーストラリアで買えるおすすめピーナッツバター

ということで、私はオーストラリアにいる間、かなりの種類のピーナッツバター食べました。

なので、完全独断で美味しかったピーナッツバターを紹介したいと思います。

MAYVER’S ダークローストの深い味わいに感激!

MAYVER’Sは、メルボルンがあるヴィクトリア州にある3人の子供を持つ父親が始めたブランドです。

材料はすべてオーストラリア産にこだわり、「砂糖・オイル・乳製品」など余計なものを一切加えていない正真正銘ピーナッツ100%のピーナッツバター。

このMAYVER’Sはピーナッツバターだけでも9種類ものタイプを展開しています。

珍しいものだと、ダークローストといって、普通のものより味に深みを持つピーナッツを使用したリッチなテイストのピーナッツバターも販売されています。

さらに、カカオパウダーを合わせたものや、オーガニックのピーナッツを使ったものなど。

その中でも私の一番のお気に入りは、ダークローストのクランチー(写真のもの)です。

塩も砂糖も何〜にも入っていなくて「ただピーナッツだけでこんなに美味しいんだ!」と感動させられた味でした。

瓶のパッケージが可愛いのもいいところ。

お土産にも喜ばれそうですね。

たまにColesや Woolworthで値下げされている時があるので、その時を狙って買うのがおすすめです。

(スーパーのお得情報についてはこちらの記事をどうぞ。)

MAYVER’Sは、ピーナッツバター以外にもタヒニやアーモンドバター、ココナッツスプレッドなどの製品も展開しています。

気になる方は公式ホームページに、詳しく商品が紹介されているので参考にしてください。

Mother Earth は日本に持って帰るのに便利なプラスチック容器

もう一つおすすめなのがMother Earthのピーナッツバター。

Mother Earthはオーストラリアのお隣、ニュージーランドのブランドです。

ピーナッツバターだけでなく、シリアルバーやジャム、はちみつなどの商品も展開しています。

このメーカーのいいところは、容器がプラスチック素材なところ

瓶だと、スーツケースに入れるにしろ郵送するにしろ重量が気になるところですが

Mother Earthのピーナッツバターはプラスチック容器なので便利です。

実際に私が持ち帰ったピーナッツバターの半分はこちらのブランドの物にしました。

このブランドも、スムース・クランチータイプと両方食べましたがどちらも美味しい。

またチアシード入りピーナッツバターもあり、これはチアシードのぷちぷちとした食感が強く感じます。

ちなみに私はMother Earthのピーナッツバターでは、ノーマルなスムースが一番好みでした。

(美味しいバゲッドにつけて食べるともう至福の時。。)

公式ホームページはこちらからどうぞ

まとめ オーストラリアのピーナッツバターにハマる

一度この100%ピーナッツで作ったピーナッツバターを食べたら、砂糖やオイルがたっぷり加えられたピーナッツバターには戻れなくなっちゃうと思います。

元々シンプルな材料や味付けが好きな私にとって、このピーナッツバターは本当にお気に入り。

日本に帰国した今でも大事に大事に毎朝、美味しいパンと一緒に食べたり、たまにはそのまま食べたりもしちゃいます。

スキッピーなど甘〜いピーナッツバターを想像すると、「そのまま食べるなんてありえない!」って思われるかもしれませんが、この無添加のピーナッツバターだと全然そのまま食べれちゃいます。

というかむしろ「そのままの方がおいしく素材の味を感じられる」と思うくらい。

それくらいピーナッツ自体の美味しさが味わえるオーストラリアのピーナッツバター。

他にもまだピーナッツバターを販売しているブランドはありますが、今回はこのおすすめ2つを紹介しました。

ぜひ、オーストラリアに現在居られる方、もしくはオーストラリアに行く予定の方は、「オーストラリアのピーナッツバター」食べてみてくださいね!

<関連記事>

【スパイシーピーナッツ】と【おすすめピーナッツバター】

オーストラリア名物ベジマイトはもう食べた?<感想・食べ方レビュー>

オーストラリアのスーパーで買えるおすすめチョコレート7選

オーストラリアのスーパーの焼きたてパン【ベーカリー編】

オーストラリアのスーパーで買えるおすすめパン「食パン編」

留学中のお小遣い稼ぎにおすすめ!
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


初心者でも大丈夫。ちょっとしたスキマ時間を使って出来ちゃいます。

 

 

sponsored link












2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です