身体にいい間食ならこの5つの食べ物がおすすめ!

ダイエット中に辛いのが次の食事までの空腹感。

ただでさえダイエット中で普段よりも量やカロリーを減らしている上に間食もできないなんて辛すぎる。

そんな人ダイエット中の人にもおすすめの『身体にいい間食』にぴったりな食べ物5つを紹介します。

ちなみに私は158cm45kgですが、毎日間食していても、この体型をキープしています。

ダイエット中の間食におすすめな食べ物は?

ダイエット中はもちろん、健康を維持するためにもおすすめできる間食のポイントは、

『低糖質・高たんぱく質』

この条件さえ守れば太ることもなく苦しい空腹感から解放されてストレスなしのダイエットも可能です。

私自身も、普段から間食をよくする『ちょこちょこ食べタイプ』。

朝ごはんを食べて1時間後には何か食べることもよくあります。

そんなちょこちょこ間食を毎日のようにしている私でも「食べるものを正しく選ぶ」事さえしていれば「太る心配なし」です。

おかげで、「よく食べるね」と男性からも言われる私ですが、ずっと同じ体重をキープしています。

では、「身体にいい間食」っていうのは一体何なのか?

ずっとベスト体重(自己満ですが)をキープしている私がおすすめする間食をみていきましょう。

スポンサーリンク

1.ヨーグルト

常に冷蔵庫に常備しているアイテムの1つが「ヨーグルト」。

ヨーグルトは、便秘改善や免疫力を上げる効果も期待される発酵食品です。

たんぱく質もとれ、糖質も高くない優秀食材です。

ただヨーグルトとはいえ、どんなヨーグルトでもいいわけではありません。

あらかじめ砂糖が加えられたヨーグルトだと低糖質じゃなくむしろ高糖質になってしまい身体によくありません。

ヨーグルトを選ぶときに大切なのは生乳100%からできたプレーンヨーグルトを選ぶ事。

買うときはしっかりと原材料をチェックしてみてくださいね。

私のおすすめヨーグルトは、「ナチュレ恵」と「カスピ海ヨーグルト」

ナチュレ恵は「便秘改善」に効果あり

毎日便が出ない人には、毎日の間食に「ナチュレ恵」のヨーグルト食べることをおすすめします。

カスピ海ヨーグルトは個人的に「フジッコ」から販売されいてるものが一番好きです。

しっかりと粘りがあるヨーグルトで、他のプレーンヨーグルトよりもお腹にたまり満足感があります。

また面倒でなければ、カスピ海ヨーグルトをたね菌として牛乳を足して手作りヨーグルトを作るのもおすすめです。

<ヨーグルトのおすすめの食べ方>

私は普通になにも加えずそのまま食べることもあるのですが、少し甘みがほしい人には「はちみつ」がおすすめです。

はちみつでも非加熱の生はちみつ(ローハニー)がおすすめ。

スーパーなどで売られているはちみつは加熱殺菌されているため、本来はちみつが持っているミネラルなどの栄養分はほぼゼロに近くただのお砂糖とあまり変わりません。

その点非加熱の生はちみつは、ミネラルなどが失われていない栄養がある甘みです。

日本では値段がまだ高いのが欠点ですが、食材にこだわりたいという人にはぜひ生はちみつをおすすめします。

海外の食品サイト、iHerbだと生はちみつもお手頃価格で購入できるのでおすすめです。

Y.S. Eco Bee Farms, 100% Certified Organic Raw Honey, 1.0 lbs (454 g)

 

<アイハーブのサイトに飛びます↑>

2.ナッツ類

ナッツのいいところは、持ち運びもできて手軽ささっと食べれるところ。

小さいケースなどに入れてカバンに入れておけば、ちょっと小腹空いたときにすぐつまめて便利。

私のおすすめナッツは、アーモンドとピスタチオ。

どちらも低糖質なナッツなのでダイエット中にもおすすめです。

アーモンドは美肌効果、ピスタチオはむくみ改善に効果があります。

どちらも食物繊維が豊富に含まれているのと良質な脂質が含まれているので便秘解消にも効果が期待できます。

3.おしゃぶり昆布

ちょっと身体が重たいな〜なんて思ったときの間食は「おしゃぶり昆布」にお世話になります。

なんといっても「美味しいし低カロリー」なのがおしゃぶり昆布のいいところ。

最近はまっているのは、『おしゃぶり梅こんぶ』

これは食べ出すと止まらないくらい美味しくてお気に入り。

でも全部食べても30kcal程度なのでダイエット中にも安心です。

スポンサーリンク

4.チーズ

私は毎日食べている「チーズ」

チーズこそ「高たんぱく質・低糖質」の代表的食品の1つ。

冷蔵庫には常に6Pチーズはストックしています。

チーズはカルシウム・たんぱく質が豊富なので、いつもの食事にチーズをちょい足ししてたんぱく質不足を補うのにもぴったりの食材。
 
綺麗に痩せるためにも「たんぱく質」は積極的に摂りたい栄養分。
 
間食を上手に利用して必要な栄養素を補いましょう。
 

5.にぼし

え〜にぼし?と思われるかもしれませんが、私はボリボリとそのまま食べるのが好きです。

小魚を丸ごと食べることで、魚がもっている栄養素を丸ごと食べることができます。

カルシウム・たんぱく質など人間に必要な栄養素がたっぷり詰まったにぼし。

お出しをとるだけじゃなくて、おつまみ・間食にもにぼしはすごくおすすめです。

ゆっくりと噛んで食べることで、満足感も得られます。

にぼしも高たんぱく質・低糖質なのでダイエット中におすすめです。

まとめ

今日は「からだにいい間食」におすすめの5つの食材を紹介しました。

どれも「高たんぱく質・低糖質」な食材なので、積極的に取り入れたいものばかり。

普段チョコレートやポテトチップスなどを間食で食べている人は、ぜひ「からだにいい間食」に替えてみることをおすすめします。

「間食=太る」は間違いですよ。

『からだにいい間食=からだが元気になる』ということを覚えておいてくださいね。

 

本気でダイエットしたい方にはダイエット専門家の力を借りるのもあり!

ライザップスタイルプログラム

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です