親知らず抜歯後の食事は何を食べる?抜歯当日は普通食は無理でした。

A子
親知らず抜歯後の食事は何がおすすめなんですか?

これから親知らずの抜歯を控えている方は気になりますよね。

ということで、親知らず抜歯後の食事についてまとめてみました。

抜歯当日から痛みが治まる数日間の間、実際に私が食べたものを(いや、食べれたもの)紹介しますね。

「抜歯後は普通に食事ができるの?」と気になる方のために少しでもお役に立てればと思います。

 

親知らずを抜歯した後って、場合によっては顔がパンパンに腫れて口を開けるだけでもズキンと痛みます。

そんな抜歯後の食事におすすめなのは、「噛まなくていい」「飲み込みやすい」ものです。

やわらかくても、飲み込みにくい食べ物には注意ですよ!!

▼親知らず抜歯の流れや痛みが続く期間などはこちらを参考に▼

『親知らず4本をすべて抜いた私が語る痛みや腫れについて』

▼また私が親知らずを抜く決意をしたきっかけはこちら▼

『親知らずを抜いたら小顔になれる?』

スポンサーリンク

親知らず抜歯後、おすすめの食べ物は?

親知らずを抜いた後の食事は、抜歯後の痛みや腫れで大きく変わってきます。

私の場合、上親知らずの抜歯後は普段通りの食事ができました。

逆に、下親知らずの抜歯後は1週間ほどは普段の食事は難しく、特に抜歯後1〜3日はかなり食べられるものが限られていました。

上親知らず抜歯後の食事は普段通りに食べられます。

まずは上の親知らずを抜いた時の食事です。

わたし
親知らず抜いたあとは何も食べられないだろうな〜、よしガッツリ食べておこう。

抜歯前の私はこんな感じでした。

夕方に予約をとっていたので昼食は夕食を食べないでもお腹が減らないように、しっかりと食べたんです。

 

補足
私の場合、抜歯直前まで食事制限はありませんでした。

歯科医によっては、食事の制限や指導がある場合もあるようです。

そして、いざ上親知らずの抜歯が終わり麻酔が切れた抜歯後2〜3時間後。

普通に食事できました!

痛みもほとんどなく、違和感はあるものの食べたいもの普通に食べられます。

上親知らずの抜歯は、下に比べ比較的簡単で傷口も軽傷ということでと上親知らず歯後の食事は普通に食べられます。

ただ、注意したいのは『絶対にアルコールは控えること』

抜歯当日の飲酒は、傷口を悪化させる可能性があるので厳禁です。

補足 抜歯当日にお酒を飲むとどうなる?
私の知り合いは、抜歯当日に大丈夫だと余裕をかまして飲み会へ参加。

案の定、翌日はびっくりするくらい傷口が腫れ上がり顔もパンパンに。

さらに傷口が炎症してしまったため化膿止めが必要になりました。

抜歯当日に飲酒すると、こんなケースになりかねないので注意です。

上親しら抜歯後、食事はいつも通りです。

抜歯当日に食べたものは、いたって普通の食事と変わりません。

  • お味噌汁
  • 豚の生姜焼き

とくに柔らかいものでもなく、お肉でしたが痛みもなく問題なく食べることができました。

注意
抜いた部分に、ポカリと穴が空いているので食べたカスなどが入ってしまいます。

優しく口をゆすいで、食べたものが残らないようにだけ気をつけましょう。

スポンサーリンク

下親知らず抜歯当日の食事は、できない。

続いて下の親知らず抜歯後の食事です。写真のように口を簡単に開いて食べられません。

別記事、親知らず抜歯のまとめにも書いた通り、下親知らず抜歯後は、2週間ほど痛みが続きました。

特に最初の3日間は、何もしてなくても痛いし顔も腫れて口も開けづらい状態でかなり辛い。

当然、抜歯当日は何も食べられませんでした。

わたし
下親知らず抜歯前は、しっかり食べておく事をおすすめします。食べたいのに食べられないのってかなり辛いです。

 

当日は、食事だけでなく飲み物も飲むことさえ痛いくらいでストローで少しずつ飲むのが精一杯でした。

さらに翌日になると、顔がパンパンに腫れ上がり口が更に開けにくい状態になってしまいました。

下親知らず抜歯後、当日〜3日くらいの食事は?

とはいえ、前日のお昼から何も食べていないのでお腹はペコペコ。

こんな時に唯一食べられたものは、

  • 煮魚
  • ゼリー
  • アイスクリーム

この3つです。

柔らかく、かつ飲み込みやすいのがポイントです。

パンには注意
パンは柔らかいので丁度いいと思いがちですがそんなことありません。

実際に私は抜歯後パンを食べたのですが、失敗です。

パンは口の水分が持って行かれ咀嚼しにくく、口を動かさないとなかなか飲み込めません。

おおげさに聞こえるかもしれませんが、抜歯翌日はこれだけでもかなり痛みがズキーンときました。

なので抜歯後は、腫れが引き口が完全に開くようになるまでは、パンはおすすめできません。

抜歯後3日〜1週間の食事は?

抜歯後3〜7日経つと、顔の腫れも引き口も徐々に開けやすくなってきます。

これくらいまで回復すると、「ひじきの煮物」や「ポテトサラダ」などを食べました。

とにかく抜歯後痛みがある時の食事は、「歯ではなくて歯茎と舌で潰せる食べ物」がおすすめです。

(痛みがひどかった私は歯を使って噛むだけで、傷口にかなり痛みが響いてしまいました。)

 

親知らず抜歯後は、歯磨きにも注意したい。

抜歯後は、食事だけでなく気をつけたいのが、「歯磨き」です。

うっかり普段通りに歯ブラシを動こして少しでも傷口に当たってしまうと、『ズキーン』と痛みます。

これ、無意識でやっちゃうことなのでかなり痛いです。

また口が完全に開かない間は、歯磨きもとてもしにくく奥歯など傷口のすぐそばの歯を磨くのは難しいです。

抜歯後の歯磨きは、『ゆっくり、慎重に、傷口に当たらないように』を意識してくださいね。

口ゆすぎも優しくね!
痛みがひどい間は、口をゆすぐだけでも痛いです。

いつも通りに勢いよく口をグチュグチュゆすぐだけで痛む場合もあるので、歯磨き後の口ゆすぎにも気をつけてくださいね。

抜歯当日〜3日の食事は噛まないで飲み込めるものがおすすめ

いかがでしたか?

上親知らずの抜歯後は比較的普段と変わりなく食事ができますが、下親知らず抜歯後はかなり食べられるものが限られます。

痛みが続くあいだは、口の水分を奪わない飲み込みやすいものを選ぶのがおすすめです。

また抜歯後の歯磨きは、慎重に優しく行って傷口を刺激しないように気をつけてくださいね。

以上、親知らず抜歯後の食事についてでした。

▼おすすめ!抜歯後、食べていたもの▼

タンパク質が取れるタイプのゼリーを食べていました。