「お肉を食べても太らない」は食べ方にコツがあった?

ダイエット中だからこそ食べたいのがお肉です。

お肉=太るは、間違い。

『お肉は太る原因じゃないよ!むしろしっかり食べるべき!』

と声を大にして言わしていただきます。

スポンサーリンク

肉を食べても太らないは本当?

こんにちは、肉食女子ことAKKOです。

毎日お肉が食べたい、いや実際のところほぼ毎日食べてます。

▶︎ダイエット中の外食に焼肉がおすすめな理由は「L-カルチニン」

そんな私が感じること、そして言いたいことは「お肉は毎日食べても太らない」ということ。

スポンサーリンク

ダイエットしている女性は、何かと「お肉=太る」ってイメージを強く持っていて、肉を避けがちの食事をしていると思います。

でもお肉を食べても太りません。

ただし、それにはちょっとしたコツがあるんです。

補足
ちなみに昨日は焼肉、今日はお家で200gのラム肉食べてます。

私は運動はほぼしていないです。(した方がいいのはわかってる。)

それでも、ずっと同じベスト体重をキープしています。

ほぼ毎日お肉をがっつり食べていたら、標準体重をはるかに超えて太るだろうと思いますがむしろ標準体重以下、不思議なことにずっと同じ体型をキープ出来ています。

この結果、私はお肉は食べても太らないと実感。そしてたくさん食べています。

ということで、ダイエット中、きれいに痩せたいと思う女性は、しっかりとお肉を食べるべきです。

太らないお肉の食べ方は、組み合わせ。

こんなにお肉を食べても私が太らない理由は、食べ方が関係しています。

炭水化物と一緒に食べないことです。

お肉を食べる時にこれを意識するだけで、「肉を食べても太らず、きれいに体を引き締める」ということが可能になります。

この食べ方は、ダイエットや痩せる目的だけでなく消化不良を起こさないためにもおすすめです。

 

お肉が消化に悪いはウソ?

「お肉=消化に悪い」というイメージを持ってる人は多くないですか。

私の場合は、お肉の方が炭水化物よりも消化にいいと思っています。

  • 肉=消化がスムーズ
  • 炭水化物(米やパスタなど)は消化に時間がかかる

と体感しております。

実際に、ステーキ300g食べた翌日でも胃もたれ無し。むしろ翌朝には、普通に空腹を感じる時だってあります。

でも、ランチでパスタをがっつり食べた時は夕食は食べれないし、翌朝になってもまだ空腹を感じない時もよくあります。

他にも、焼き飯や丼ぶりなどを食べた時には胃が重たくずっしりと感じます。

これらの経験からお肉は消化がスムーズで、米や麺類などの炭水化物が消化が悪いと思います。

よく言えば、消化に悪い=腹持ちがいいということにもなりますが。

なので、炭水化物の腹持ちがいいところを上手く利用しダイエットや減量、食事コントロールに役立ちます。

(例)ランチにしっかり炭水化物をとっておいて、夕食を減らす。

肉を食べても太らないコツ「一緒にライスを食べない」

この食べ方がお肉を食べても太らない・そして胃に負担をかけないコツ。

焼肉を食べる時、ステーキを食べる時などお肉がメインの時は、お米や麺類は一切食べません。

付け足せば、焼肉のタレも極力少なめにし、出来るだけ塩焼きを選びます。

(これはシンプルな食べ方が好きなのもありますが。)

 

「焼肉食べたら胃もたれする・・」って方は、一緒にライスを食べたり、〆にビビンバや冷麺を食べたりしていませんか?

もしくは霜降りの脂身たっぷりのカルビやロースばかり食べていたり。

そうなると、消化不良を起こし胃もたれを起こします。

補足
体質は人それぞれ。炭水化物を食べていなくても脂質をうまく消化できない体質の場合は、一度に脂っこいお肉を食べるとお腹を下す場合があります。

 

こんなわけで、私はお肉を食べる時はお肉だけ、もしくは糖質の低い野菜を付け添え程度に食べるのを心がけています。

これがお肉を食べても太らないコツですよ。

ステーキだけ食べて1日で痩せる?

ちなみにいきなりステーキで300gのステーキを食べると翌日ストンと体重が減ることがよくあります。

もちろんライスなし、野菜なし、ステーキのみを食べた場合です。

肉を食べても太らないコツ「カツ丼・揚げ物定食を食べない」

揚げ物など脂質が多い肉料理とご飯の組み合わせは、一番太りやすい組み合わせです。

太りやすい食事例

  • カツ丼
  • 牛丼
  • 豚丼
  • 天丼
  • 焼肉+〆のビビンバ

など揚げ物や脂身の多いお肉とお米の組み合わせです。

私は揚げ物や、脂質の多いカルビと一緒に炭水化物を食べるとほぼ100%の割合で消化不良を起こします。

 

とにかく「脂質+糖質」の組み合わせは消化不良が起こることは間違いありません。

お肉を食べても太らない、消化不良を起こさないためにも「脂質と糖質」の組み合わせは避けることがおすすめです。

とにかくお肉を食べても太らないためには、『肉だけに集中して食べる!』これが基本です。

 

肉を食べても太らないコツ「肉+少しの炭水化物」

一番の理想は、肉なら肉だけ、もしくは葉野菜と一緒に食べるですが少量の炭水化物なら大丈夫です。

むしろ、炭水化物単品で食べるよりもたんぱく質と一緒に炭水化物を摂る方が血糖値の急上昇を抑えられると言われています。

私の場合は、パンが好きなのでステーキランチにフランスパン1〜2切れはオッケーにしています。

これくらいの量だと、胃に負担もかからず美味しく食べられます。

 

 

まとめ

今日は「お肉を食べても太らない」ためのコツについて紹介しました。

ダイエット中の方は、ぜひこの食べ方でしっかりとお肉でたんぱく質をとりきれいに体を引き締めてくださいね。

痩せるだけでなく、お肉を食べると肌ツヤがよくなったり元気もでます。

▶︎肉食女子は美肌になれるは本当?『美肌になりました』

 

とにかくお肉を食べても太らないコツは食べ合わせを意識すること。

普段から焼肉には絶対ライスという方も、最初は辛いかもしれませんが意外とすぐに慣れますよ。

むしろ胃もたれがなくなり、楽になるのを実感するかもしれません。

ぜひ、お肉大好きだけどダイエット中だから避けていたという方は試してみてください。

注意
本記事において書いてあることは、全て個人の見解であり医学的根拠はありません。

体質や個人差もあることをご理解ください。

sponsored link












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です