ベジマイトの味は不味い?栄養・原材料など徹底解説

オーストラリアの名物と言っても
いいかもしれないベジマイト

オーストラリアに留学した人や、
旅行に行ったことがある人の中には
聞いたこともあるかもしれません。

そんなベジマイトって、とにかく
味が不味いって評判です。

見た目も真っ黒のペーストなので
勧められても、勇気が出ず試さない人も多々。

でも実際のベジマイトの味っていうのは、
癖になる美味しさだと思うんです。
(もしかしたら、私だけ??)

ということで、今日はオーストラリア名物の
ベジマイトの味、美味しい食べ方、栄養まで
全てを徹底解説します。

スポンサーリンク

ベジマイトの味は?

画像元リンク

ベジマイト?VEGEMITE?

一体、何なんだ?
と思う人も多いと思います。

わたし
ベジマイトはオーストラリアの家庭にある定番食品です。

オーストラリアの家庭には、必ずといって言いほど
常備されているペーストがベジマイト。

(日本でいう、醤油や味噌みたいな感じ。)

見た目は、真っ黒でねっとりしたペースト状。
基本的には、パンに塗って食べるのが一般的な使い方。
一瞬、チョコレート系の味?と思うけど真逆。
ベジマイトは、しょっぱい塩味の発酵ペーストです。

「まずい、まずい」と言われるベジマイトの味は、
一言で言うと、

塩辛い。

塩分が強く、発酵ペーストなため酸味のような雑味も。
これだけ聞くと、美味しそうに聞こえないのも仕方ない。

でも、食べ続けていく
ベジマイトは癖になる味なのです。

個人差によりますが…

スポンサーリンク

ベジマイトの原料と栄養

ベジマイトは、イースト菌と塩から出来ています。
保存料や添加物は一切無し。

含まれる栄養素としては、ビタミンB1。

ビタミンB1の効果とは?

ベジマイトに含まれるビタミンB1は消化不良の改善
疲労回復に効果あり。

嬉しいことに、
炭水化物(糖質)をエネルギーとして燃やすのを促進してくれる効果
があるため定番のパンに塗って食べるというのは理にかなっています。

体調が悪くなったらベジマイトのトーストを食べろ!

留学中、体調が悪かった私にホストマザーがすすめてくれたのが「ベジマイトトースト」です。

というのも、ベジマイトは体にいいから風邪気味のときなどに食べるのもおすすめだとか。

人によっては、お湯にベジマイトを溶かして栄養ドリンクとして飲むこともあるそうです。

また発酵食品に分類されるため、
健康のために食べているオーストラリア人も多数。

と言いながら、オーストラリア人の肥満率の増加は
かなり深刻のようですが…。

▶︎肥満大国6位のオーストラリアの食生活

▶︎【オーストラリアのジャンクフード】トップ10<前編>

▶︎【オーストラリアのジャンクフード後編】

写真でもお分かりの通り、ねっとりとした不気味な黒いペースト。
これがベジマイトというものです。

酵母菌から出来ているので、ちょっと独特な香りがします。

決して見た目も香りも、良いとは言えないんですが
食べ続ければハマります。(←個人的意見…

スポンサーリンク

ベジマイトの美味しい食べ方

ここまで読んでくださった方に、ベジマイトを
美味しく食べてもらいたい。

なので、ベジマイトの美味しい食べ方
を紹介します。

トーストに薄く塗る

一番の定番でおすすめなのが、
薄切りトーストに薄くベジマイトを塗る

ポイントは、バターをたっぷり塗って後にベジマイトを塗る
ことです。

バターの油分がベジマイトとの相性抜群。

ちなみに私がいつもパンに塗るベジマイトの量はこんな感じです。

カリッとトーストした薄めの食パンにベジマイトの相性は抜群です。

アボカドとベジマイトの相性は抜群

バター+ベジマイトだけでも美味しいのですが
一押しは、アボカドとチーズとベジマイトです。

この組み合わせは、病みつきになる美味しさです。

ちなみにアボカドとベジマイトの組み合わせは、オーストラリアでは超定番。
(オーストラリア人ってアボカド大好きなんです。)

カフェの朝食・ブランチメニューでも
よくある組み合わせ。
オーストラリア旅行でカフェで軽食を
取るときはぜひチェックしてみてくださいね。

ベジマイトは美味しく食べるコツ

美味しく食べるためには、
ベジマイトを薄く塗ることにかぎります。

決して、ジャムなどと同じ感覚でたっぷりつけないこと。
これがベジマイトを美味しく食べるポイントです。

オーストラリア人のベジマイトの食べ方

ベジマイトが嫌いな日本人にはたくさん出会いました。
が、オーストラリア人
にとっては朝食に欠かせない存在。

インスタグラムでも、ベジマイトを使った美味しそうな写真がありました。

小さいサイズのベジマイトがホテルなどの
朝食にでてくることもよくありますよ。

カフェのトーストメニューにも、
ベジマイトはよくトッピングとして提供されています。

▶︎メルボルンのローカル&有名カフェおすすめ4選

ベジマイトのまとめ

まずいと噂のベジマイトですが、
ちょっと癖のある塩味の発酵ペースト。

バターと一緒にベジマイトを薄く塗った
トーストは癖になる美味しさです。

なかなか日本人には万人受しない味ですが
オーストラリア名物としても有名なので
お土産にもぴったりです。

関連記事▶︎オーストラリアの有名な食べ物10選まとめ。

お土産やお試しに買うなら、瓶タイプよりもチューブタイプが
いいかもしれませんね。

瓶よりも軽いので、日本に持って帰るのに便利です。

ベジマイトはカルディやネットで買える

この記事を読んで今ベジマイトに興味を持ってくれた方
ありがとうございます。

そして買ってみたい!と思った方、大丈夫です。
日本でもインターネットで買えました。(すごく高いけど。)
またカルディでも取り扱いしていました。

合わせて読みたいオーストラリアについての記事

sponsored link












7 件のコメント

  • 初めて、こんにちは。

    今シドニーに留学中で、今日現地の人にベジマイト食べさせて頂きました。デンマーク人、アメリカ人は、もう二度と食べない!!と言っていましたが(笑)、私は何とも思わなかったというか、ただただ塩辛いだけというか、まあ美味しく食べられました!帰りに買って帰ってもいいかなーと思ったくらいです。

    ただ、原材料見た限りでは栄養あるのかどうかイマイチ分からなかったので、ここの記事拝見させて頂きました。ただ、日本語で調べてみても、不味いって言ってるものが多くて驚きました。今日の皆の反応から、日本人には大丈夫な味なのかなーと思ったので。。。だから、美味しいと仰ってる方に出会えて嬉しいです!

    チーズとアボカド、めちゃくちゃ美味しそうです!減塩バージョンがあるようなので、それを買ってぜひ試してみたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です